小林聡美は演技より食い気? 現場にタッパー持参 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月30日 > 小林聡美は演技より食い気? 現場にタッパー持参
メニュー

小林聡美は演技より食い気? 現場にタッパー持参

2010年10月30日 16:30

主演級がずらり勢ぞろい「マザーウォーター」

主演級がずらり勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 京都でオールロケを敢行した映画「マザーウォーター」が10月30日、全国58スクリーンで公開初日を迎え、同作で映画初共演を果たした小林聡美小泉今日子をはじめ、加瀬亮市川実日子永山絢斗光石研、もたいまさこ、松本佳奈監督が東京・新宿ピカデリーで舞台挨拶に立った。

かもめ食堂」「めがね」「プール」といった人と場所の関係性をテーマに、小林出演で製作されたプロジェクトの第4弾。フィンランド、与論島、タイに続き、同作では多くの川や湧き水で知られる京都を舞台に、ウイスキーしか置かないバーを営むセツコ(小林)、コーヒー店を営むタカコ(小泉)、豆腐屋のハツミ(市川)と、その周囲で生きる人々の日常をつぶさに描く。

小林は「登場人物たちが新しい経験をし、新しい自分になっていく物語。この映画との出合いが皆さんにとって、新しい何かになればうれしい」と挨拶。一方、同プロジェクトに初参加の小泉は、「今は『ずっと出ていたんじゃないか』ともう想できる」と居心地の良さをアピールした。

同プロジェクトの見どころといえば、思わず手が伸びそうになる料理の数々。今回もフードスタイリストの飯島奈美氏が手がける料理が随所に登場する。小林は「料理シーンがある日は事前にチェックしておいて、出番もないのにタッパー持参で現場に行った」と述懐。小泉も「いつも心が温かくなるおいしい料理だった。飯島さんの料理本も出ますので」と宣伝した。また、加瀬も「いつもおいしそうだった」と振り返り、光石や永山は出来立ての料理を“つまみ食い”したこともあったと明かした。

長編初メガホンとなった松本監督は「毎日、キャストの皆さんのいろいろな組み合わせを楽しんでいたら、クランクアップを迎えてしまい、少し惜しい気分もあります。私の言葉の足りなさをくんでいただき、頼もしい気持ちだった」とキャスト陣に感謝した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi