「FIT」出演の3女優、東京国際映画祭での上映に「夢のよう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月30日 > 「FIT」出演の3女優、東京国際映画祭での上映に「夢のよう」
メニュー

「FIT」出演の3女優、東京国際映画祭での上映に「夢のよう」

2010年10月30日 15:38

夢見心地な4人

夢見心地な4人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第23回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門に出品された「FIT」が10月30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、廣末哲万監督、並木愛枝、新枝みどり、結が舞台挨拶に立った。

同作は、現代社会に生きづらさを感じている人々が、誰かに傷つけられ、自分も誰かを傷つけながらも他人と交わろうとしていく姿を描いた、人生の応援賛歌。

廣末監督は、PFFアワード2004で監督作「さよなら さようなら」が準グランプリを受賞した気鋭の若手監督。同作では脚本構成、編集、撮影を兼ね、「(東京国際映画祭という)上映の場を与えてもらい感謝しています。映像、人、言葉、音楽……映画のなかの何かがみなさんにフィットしてもらえるとうれしいです」と語った。

3人の女優たちも、同映画祭の舞台挨拶に立っていることが「夢のようです」と感無量の面持ち。並木は、「必死で生き抜こうとしている姿、愛そうとしている姿、思いやりを持っている姿が届いたらうれしいです」。新枝は、増え続ける日本人の自殺者について「生きているからこそ、こんなに素晴らしい場に立たせてもらっている。生きることをあきらめないでほしい」と目に涙を浮かべながら訴えた。

また、以前から廣末作品が好きだったという結は、同作が映画初挑戦で「廣末監督のもとには100%の愛を持ったスタッフとキャストがそろっていて、作品に対する愛の純度が高い。この作品が本当に大好きです!」とアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi