小雪、撮影から2年を経た「信さん」全国公開にニッコリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月28日 > 小雪、撮影から2年を経た「信さん」全国公開にニッコリ
メニュー

小雪、撮影から2年を経た「信さん」全国公開にニッコリ

2010年10月28日 20:49

福岡の炭坑町を舞台にしたヒューマンドラマ「信さん 炭坑町のセレナーデ」

福岡の炭坑町を舞台にしたヒューマンドラマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平山秀幸監督の最新作「信さん 炭坑町のセレナーデ」の完成披露試写会が10月28日、東京・スペースFS汐留で行われ、平山監督をはじめ、主演の小雪池松壮亮石田卓也大竹しのぶが舞台挨拶に立った。

福岡の炭坑町を舞台に、東京から来たヒロイン・美智代(小雪)と心優しい若い炭坑夫の信一(石田)の淡い恋愛を軸に、昭和30年代当時を生きる人々の姿を温かく描いたヒューマンドラマ。福岡市、田川市をはじめオール九州ロケーションを敢行した。

小雪は、撮影から2年を経ての全国公開に「こうして(登壇者の)皆さんとお会いすると、つい最近のことのよう。今日もいろいろなお話をして、人とのつながりを感じる」とニッコリ。年下男性との恋模様に「愛の形はいろいろある。見ると少し切ない気持ちになりますね。ひとつの解釈では終わらない作品なので、大切な人と思いを馳せながら会話していただければ」と語った。一方、撮影中に体調を崩していたという石田は「小雪さんが風邪薬をたくさんくれました。本当に優しくて、『あっ、美智代さんだ』って。幸せでしたね」と照れ笑いを浮かべた。

デビュー作「青春の門」を田川市で撮影した経験をもつ大竹は、「当時は娘役。今回はお母さんの役で、また田川に行くことができた」と時の流れにしみじみ。「ずっと参加したかった平山組。出番は少なかったが、昔ながらの映画づくりを体験できた」。福岡県出身の池松は「生まれ育った福岡に、こういう素敵な作品を残すことができて誇りに思う。昭和の時代は実際に知っているわけではないが、なぜか懐かしく思った」と感慨深げだった。

同様に、福岡出身の平山監督は「やっと全国公開にこぎつけることができて、感謝しています。正直、地元で撮影するというのは照れもある。11月にある同窓会が今から恐怖です(笑)」と万感の表情だった。

信さん 炭坑町のセレナーデ」は11月27日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi