大橋のぞみ、原作者と一緒に「チェブラーシカ」PR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月27日 > 大橋のぞみ、原作者と一緒に「チェブラーシカ」PR
メニュー

大橋のぞみ、原作者と一緒に「チェブラーシカ」PR

2010年10月27日 18:47

「チェブラーシカ」が27年ぶりに復活「チェブラーシカ」

「チェブラーシカ」が27年ぶりに復活
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロシアで大人気のパペットアニメーションを、日本人スタッフが新作として製作した「チェブラーシカ」が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭・特別招待作品として上映され、声優を務めた大橋のぞみ、原作者のエドゥアルド・ウスペンスキー中村誠監督らが舞台挨拶に立った。

日本でも大人気の「チェブラーシカ」がロシアのオリジナル版スタッフの協力を得て、27年ぶりに復活。旧作をリメイクした第1話、サーカスにあこがれる少女マーシャとチェブラーシカの交流を描いた第2話と第3話から構成される。

チェブラーシカの声を演じた大橋は、「チェブラーシカだけじゃなく、個性豊かなキャラクターがたくさん登場するので、ぜひ楽しんでください」とアピール。1967年に出版された原作「わにのゲーナ」の著者であるウスペンスキーは、日本版をいたく気に入っているといい「私自身が、チェブラーシカと一緒に生まれ変わった気分です」とご満悦。「チェブラーシカがロシア人の心に生き続けているように、日本の皆さんにも大事に思ってほしい。きっとチェブラーシカも皆さんのことを大事にしてくれますよ」とメッセージをおくった。

また、メガホンをとった中村監督は「ロシアのスタッフに協力いただき、韓国のスタジオにお手伝いしてもらった。日本を含め3カ国の協力の結果をぜひ見てほしいですね」と2004年のプロジェクト始動時からかかわった同作の公開に、万感の表情だった。

チェブラーシカ」と「くまのがっこう/ジャッキーとケイティ」は、12月18日から2本立てで上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi