「ハングオーバー2」キャストに嫌われたM・ギブソンの代役にL・ニーソン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月25日 > 「ハングオーバー2」キャストに嫌われたM・ギブソンの代役にL・ニーソン
メニュー

「ハングオーバー2」キャストに嫌われたM・ギブソンの代役にL・ニーソン

2010年10月25日 11:45

Aチーム仲間が助っ人に「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

Aチーム仲間が助っ人に
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタッフ・キャストの反対により、予定されていた「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(2009)の続編への出演が取り消されたメル・ギブソンの代役として、リーアム・ニーソンが浮上した。

「ザ・ハングオーバー2(原題)」は、前作に引き続きトッド・フィリップス監督がメガホンをとり、ブラッドリー・クーパーザック・ガリフィアナキスエド・ヘルムズジャスティン・バーサの主演4人も続投。タイ・バンコクを舞台に4人が度を越したパーティを繰り広げ、うち1人がギブソン演じるタトゥアーティストに刺青を彫られるという内容になる予定だった。

ところが、スタッフとキャストの支持を得られなかったとの理由から、ギブソンの出演は白紙に。しかし、ギブソンが演じる予定だったタトゥアーティストの役どころは、脚本のうえでも重要な位置を占めており、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」(10)で共演したクーパーがニーソン獲得に一役買って出たという。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ニーソンの出演はまだ本決まりではないものの、本人はすでにロサンゼルス入りしており、近々契約にいたるものと見られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi