仲村トオル、アルコール度数50%の特製カクテル一気飲み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月25日 > 仲村トオル、アルコール度数50%の特製カクテル一気飲み
メニュー

仲村トオル、アルコール度数50%の特製カクテル一気飲み

2010年10月25日 15:10

特製カクテルで乾杯「行きずりの街」

特製カクテルで乾杯
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第23回東京国際映画祭の特別招待作品「行きずりの街」が10月25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、主演の仲村トオルが共演の小西真奈美南沢奈央阪本順治監督らと舞台挨拶に登壇。仲村にとって俳優生活25周年、そして50本目の出演作となる同作を記念し、アルコール度数50%の25年ものウイスキーで作った特製カクテルを一気飲み。「ファイヤーな感じ」ともらした。

1992年度「このミステリーがすごい!」で第1位に輝いた志水辰夫の小説を、阪本監督が映画化。元教え子との結婚をスキャンダル扱いされ、教職を奪われた主人公の波多野(仲村)が、離婚した元妻との運命的な再会を経て、自らを追放した学園の暗部に迫る姿を描く。

仲村は同作を引っさげ、湯布院映画祭、釜山国際映画祭にも参加。「いつも舞台挨拶の順番が阪本監督の後で、毎回『この後、トオルが面白いことを言います』と振られてきた。まるで芽が出ると言われ続ける柿の種の気分でした」とぼやき節。この日は、最初にマイクを握り「この後、阪本監督がとっても怖い話をします」とうれしそうにムチャぶり。これに対し、阪本監督は「仲村さんが演じるのがカズオ(和郎)で、小西さんがマサコ(雅子)。実はうちの両親と同じ名前で、撮影中はずっと怖かった」と見事に打ち返した。

女子高生からクラブのママまでを演じきった小西は、「今まで見たことがない自分がスクリーンに映っていて、本当に感謝です」。衣装合わせの際に阪本監督から「イケるんちゃう」と太鼓判を押されたといい「うれしかったです」と笑顔をこぼした。また、明後日25日に誕生日を迎える小西に、仲村からサプライズプレゼントとして花束がおくられた。

仲村は、「過去に後悔がある人なら、きっと共感してもらえるはず。見たら今までで一番好きだった人に会いたくなってしまう。配偶者のいる方は気をつけてください」とアピール。自らは結婚15年目を迎えたが、胸に手を当てながら「変わらぬ気持ちがここにあります」と永遠の愛を誓っていた。

行きずりの街」は11月20日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi