気鋭の深田晃司監督、新作「歓待」タイトルは「輪転」だった!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月24日 > 気鋭の深田晃司監督、新作「歓待」タイトルは「輪転」だった!?
メニュー

気鋭の深田晃司監督、新作「歓待」タイトルは「輪転」だった!?

2010年10月24日 22:07

タイトル「輪転」じゃなくて良かったね……「歓待」

タイトル「輪転」じゃなくて良かったね……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 深田晃司監督の新作「歓待」が10月24日、開催中の第23回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門で公式上映され、深田監督をはじめ杉野希妃山内健司古館寛治ブライアリー・ロングが会見に臨んだ。

同作は、劇団青年の演出部に所属しながら「ざくろ屋敷」「東京人間喜劇」といった長編映画を手がける気鋭の若手、深田監督の意欲作。下町の印刷所を営む小林幹夫のもとに加川という男が訪ねてきたことで、にわかに崩れていく人間模様を描いている。

舞台は墨田区の印刷所で、実在の空間を借りて8日間という短期間で撮影したという。印刷所をテーマに選んだ理由について、深田監督は「昔から印刷に使う輪転機が好きで、いつか輪転機(を使った映画)を撮りたいと思っていました。この映画のタイトルは『歓待』ですが、脚本の段階では『輪転』だったんです(笑)」と暴露。それでも、「成瀬巳喜男監督の『流れる』で描かれているような日本家屋を、この映画でも映し出したかった。主人公の幹夫という名前も監督の名前からとりました」と思いの丈を語った。

幹夫の妻・夏希を演じた杉野は、初となるプロデューサー業も兼ね「自信を持って世界に発信できる映画になっていると思います。タイトなスケジュールだったけれど本当に理想的な現場で、人として学ぶことが多かった」とキャスト、スタッフをねぎらった。

また、会見後は、オノ・エリコ(子役)と兵藤公美が加わり、総勢7人がずらり。深田監督は、「たくさん上映作品のあるなかでこの映画を選んでくれてうれしい。撮影日数も少なく、規模も小さい作品ですが、楽しんでほしい」と感無量の面持ちだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi