トルコ新進女性監督、秘蔵っ子キャストに絶妙な配慮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月24日 > トルコ新進女性監督、秘蔵っ子キャストに絶妙な配慮
メニュー

トルコ新進女性監督、秘蔵っ子キャストに絶妙な配慮

2010年10月24日 15:57

写真撮影でも仲良く寄り添う2人

写真撮影でも仲良く寄り添う2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トルコ映画「ゼフィール」が10月24日、開催中の第23回東京国際映画祭のコンペティション部門で公式上映され、主演のシェイマ・ウズンラル、ベルマ・バシュ監督、プロデューサーのビロル・アクババが会見した。

同作は、デビュー作の短編「Poyraz(原題)」が、2006年度のカンヌ映画祭短編コンペティション部門に出品されたバシュ監督の長編初監督作。夏休みを田舎の祖父母の家で過ごす思春期の少女ゼフィールのもとに、久しぶりに現れた母親は仕事で異国へ行くと告げに来ただけ。母を行かせまいとするゼフィールの決意の固さが、悲劇的な結末を導いてしまう。

バシュ監督は、「子どものころから日本の文化に興味があったので、こうして来られて夢がかなった」とニッコリ。ウズンラルも、「私よりも背の高いビルがいっぱい。素晴らしいところだわ」と無邪気に話した。

作品タイトル「ゼフィール」は“優しい西の風”を意味し、デビュー作「Poyraz」の意味も“北の風”だという。ウズンラルは両作に出演しているとあって、しばし笑顔で見つめ合うなど信頼関係は相当のもの。脚本も母親役にしか渡さなかったそうで、「子どもを厳しい現実から守るという意識を常に持っている。日々の撮影の中で断片的に切り出して、何が待ち受けているのか伝えなかったこともあり、リラックスした環境で臨めた」と説明した。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi