蒼井優「雷桜」初日に感涙 岡田将生はもらい泣き : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月22日 > 蒼井優「雷桜」初日に感涙 岡田将生はもらい泣き
メニュー

蒼井優「雷桜」初日に感涙 岡田将生はもらい泣き

2010年10月22日 19:08

思わずホロリ「雷桜」

思わずホロリ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田将生蒼井優が時代劇に初挑戦した「雷桜」が10月22日、全国300スクリーンで公開。岡田、蒼井は、廣木隆一監督とともに東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座で舞台挨拶に立った。

宇江佐真理の人気時代小説を映画化した同作は、徳川御三卿で清水家当主の斉道と10年以上も人里離れた山奥で野生児のように育ってきた遊が、奇妙な木“雷桜”の前で出会い、決してかなわないと知りながらも身分違いの恋に落ちる姿を描く。

蒼井は、クランクイン3カ月前から乗馬の特訓に励んだことを思い出してか「やっと公開を迎えることができました。どうか大切にしていただけたら……」と涙声。さらに感極まったのか、「いっぺんの曇りもなく一生懸命つくりました」と話し、大粒の涙を流した。

そんな蒼井の姿を見て、岡田ももらい泣きし「僕はこの『雷桜』にかかわれて、とてもとても良かったと実感しています」。廣木監督は、「時代劇を意識することなく、2人のナチュラルな芝居に助けられた。時代劇が面白いのは、ラブストーリーのなかにもいろいろなメッセージを入れられること」と胸を張った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi