向井理、映画初主演作はカンボジアで学校設立目指す医大生役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月22日 > 向井理、映画初主演作はカンボジアで学校設立目指す医大生役
メニュー

向井理、映画初主演作はカンボジアで学校設立目指す医大生役

2010年10月22日 06:00

初の主演作だけに意欲満々の向井理「僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia.」

初の主演作だけに意欲満々の向井理
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の向井理が、深作健太監督作「僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia」に主演することがわかった。映画初主演となる向井は、ノリで始めた募金活動でカンボジアに学校を設立しようと奔走する医大生の甲太を演じる。

向井は、TBS系「世界ウルルン滞在記」の収録で、2007年2月にカンボジアを訪問している。地雷を撤去してマンゴー畑をつくりたいと願う家族とともに、畑づくりを手伝った経験に強い思い入れを持っており、同国を“大切な第2の家族の国”と公言するほど。だからこそ、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」や映画「ハナミズキ」「BECK」など出演作が相次ぎ、オファーが殺到するなか迷うことなく同作を自らの初主演作に選んだ。

2008年に自費出版された日本医科大学医学部の葉田甲太さんの体験記「僕たちは世界を変えることができない。」が原作。「あなたの150万円の寄付で、カンボジアに教室が5つもある学校が建ちます!」というパンフレットに心動かされた学生たちが、ボランティア体験や内戦の傷跡が残るカンボジアへの旅を通して、自らと社会を見つめ直す姿を描く。

10月17日に東京近郊でクランクインし、11月には約2週間のカンボジア・ロケを敢行する向井は「この作品は、実話を基にした映画ということもあり、作品自体にも説得力があると思います。この映画を通して、カンボジアという国や日本の大学生の生々しさを感じていただけたら」と並々ならぬ決意をにじませている。等身大の医大生役で一喜一憂する奮闘劇は、向井にとっても俳優人生の節目となる作品となるに違いない。

共演は、松坂桃李柄本佑窪田正孝村川絵梨ら。

僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia」は、2011年秋に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi