松ケン&瑛太が初共演 「僕達急行」で“鉄っちゃん”に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月21日 > 松ケン&瑛太が初共演 「僕達急行」で“鉄っちゃん”に
メニュー

松ケン&瑛太が初共演 「僕達急行」で“鉄っちゃん”に

2010年10月21日 12:00

2人とも森田監督との仕事を熱望していた「僕達急行 A列車で行こう」

2人とも森田監督との仕事を熱望していた
(C)2011「僕達急行」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松山ケンイチ瑛太が、森田芳光監督の最新作「僕達急行 A列車で行こう」で初共演を果たすことがわかった。2人とも、かねて「森田監督と仕事がしたい!」と熱望しており、鉄道をテーマにしたコメディタッチのオリジナル脚本のもと、ついにタッグを組むことが実現した。

松山が同作で演じるのは、大手企業に勤めるマイペース男子・小町。一方の瑛太は、経営危機を迎えつつある実家の鉄工所勤務の小玉を演じる。性格も仕事も異なる2人が、共通の趣味である鉄道を通じて出会い、“鉄っちゃん”ぶりで周囲をあきれさせながらも幸せの輪を広げていくハートウォーミングなコメディだ。

今回、初共演となる松山と瑛太だが、すでに息もぴったりで意気投合。「映画の役柄と同じで、瑛太さんとの間には感覚的に引き合うような、運命的な感じがありましたね」(松山)、「お互い同じ趣味があるというわけではないのですが、2人で黙って座っているだけの待ち時間も、なんだか心地よい雰囲気になるんです」と互いを称え合っている。

森田監督は、何10年にも及ぶ構想期間を経て、約1年前から脚本を書き始めたという。9月6日に九州でクランクインして以降、これほど多くの電車が登場するのは「日本映画史上初でしょうね」というほど本格的なロードムービーにこだわった。それは、電車車種が20路線80型式、鉄道に関連する総撮影時間93時間10分、車内総撮影時間20時間20分という数字からもうかがえる。

コメディとしての同作を、今後も撮り続けたいという思いもあるようで「これをシリーズとしてつくれたらいいなと思っています。色々な場所にも行ってみたいし、主役の2人にもまた違う恋人が出来たら面白いと思います」と明かした。共演は松坂慶子貫地谷しほり笹野高史西岡徳馬、ピエール瀧、伊武雅刀ら。完成は2011年2月予定。

僕達急行 A列車で行こう」は、2011年に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi