大沢たかお“雪”舞うなか感激の「桜田門外ノ変」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月16日 > 大沢たかお“雪”舞うなか感激の「桜田門外ノ変」初日
メニュー

大沢たかお“雪”舞うなか感激の「桜田門外ノ変」初日

2010年10月16日 13:17

真しに思いを語った大沢たかお「桜田門外ノ変」

真しに思いを語った大沢たかお
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大沢たかお主演最新作「桜田門外ノ変」が10月16日、全国302スクリーンで公開。大沢をはじめ、共演の長谷川京子加藤清史郎渡辺裕之伊武雅刀北大路欣也佐藤純彌監督らは、東京・銀座の丸の内TOEI1で舞台挨拶に立った。

吉村昭の小説を壮大なスケールで映画化した同作は、攘夷派の水戸藩と薩摩藩の浪士が、開国をおし進めていた徳川幕府の大老・井伊直弼を暗殺した歴史的大事件「桜田門外ノ変」の全ぼうに迫り、事件にかかわった人々の思いを描く。

この日は、雪に見立てて泡立てた石けん水を場内に降らせ、事件の起こった安政7年3月3日を再現。大沢は、拍手喝さいで出迎えられ「いち映画人として参加できたことに感謝したい。彼らの死が豊かだったのか、無念だったのかは我々のこれからの生き方次第だと思う。俳優という職業に対する価値観が変わる作品になった」と感無量の面持ちだ。

茨城出身の渡辺は、「水戸出身の自分にとっては、思い出に残る作品となった。県民がお金を出し合ってつくった映画。150年前、それが正義だと信じて死んでいった水戸藩士が、現代によみがえることができた」と話し、深々と頭を下げた。一度は監督オファーを固辞しようとしたという佐藤監督は、「映画についての思いは俳優さんたちが語ってくれた。とにかく、ひとりでも多くの方々に見ていただきたい」と謙虚なまなざしでアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi