アジア版「ゴースト」、ろくろシーン健在!松嶋菜々子「あると思った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月12日 > アジア版「ゴースト」、ろくろシーン健在!松嶋菜々子「あると思った」
メニュー

アジア版「ゴースト」、ろくろシーン健在!松嶋菜々子「あると思った」

2010年10月12日 19:30

韓国での公開も決定!「ゴースト もういちど抱きしめたい」

韓国での公開も決定!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松嶋菜々子と韓国の人気俳優ソン・スンホンが共演する「ゴースト もういちど抱きしめたい」の完成披露試写会が10月12日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、松嶋とスンホンをはじめ、芦田愛菜橋本さとし鈴木砂羽大谷太郎監督が舞台挨拶に立った。

デミ・ムーアと故パトリック・スウェイジさんの共演で大ヒットした、1990年公開の米映画「ゴースト ニューヨークの幻」をアジア版として製作。今回は男女の設定がオリジナルとは逆になっており、強盗事件に遭い命を落とした会社経営者の七海(松嶋)がゴーストとなり、陶芸家を目指す青年ジュノ(スンホン)のそばに寄り添う姿を描く。

この日は、故スウェイジさんがムーアを後ろから抱き寄せ“ろくろ”を回すオリジナルの名シーンが、アジア版でも健在であることが明らかになり、客席からは大歓声が。台本を読んだ松嶋は「やはりあるなと思いました」と述懐し、「オリジナルもロマンチックで素敵なシーンだったが、今回はアジア版として空気を大切にしなければと挑んだ。初めて(ジュノと)会ったときの気持ちを丁寧に、そして純粋に演じました」。一方のスンホンは「実は簡単そうだなと思ってしまい、特に練習もせずに現場に行きました。でも実際やってみたらすごく大変(苦笑)。いとおしいシーンですが、練習しておけば良かった」と反省しきりだった。


やはりあのシーンは健在「ゴースト もういちど抱きしめたい」

やはりあのシーンは健在
(C)2010「ゴ-スト」製作委員会
[拡大画像]

松嶋は、今夏の撮影を経てのスピード公開に「熱い気持ちを新鮮なまま、お披露目できるのがうれしい。温かい気持ちを持ち帰っていただければ」と万感の表情。スンホンも「この作品に出演するにあたって、いろいろ悩んだ部分もあるが、もし辞退すればきっと後悔すると思った。だれかを愛したことがある人ならば、共感いただけると思う」とアピールした。なお、同作が11月25日から韓国で公開されることも発表され、松嶋らも大喜び。現時点で韓国での公開規模は未定だという。

ゴースト もういちど抱きしめたい」は、11月13日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi