ミシェル・ファイファー、美青年との生々しいベッドシーン披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月6日 > ミシェル・ファイファー、美青年との生々しいベッドシーン披露
メニュー

ミシェル・ファイファー、美青年との生々しいベッドシーン披露

2010年10月6日 06:43

貫禄のヌードを披露「わたしの可愛い人 シェリ」

貫禄のヌードを披露
(C)Tiggy Films Limited and UK Film Council 2009
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミシェル・ファイファーが、主演最新作「わたしの可愛い人 シェリ」で大胆なベッドシーンを披露している。52歳のファイファーは元高級娼婦を演じ、友人の息子で19歳の美青年とベッドに横たわりながら全裸で見つめあう劇中写真が公開された。

同作は、20世紀初頭の仏パリを舞台に、元ココット(高級娼婦)のレアと、19歳にして女遊びの限りを尽くした問題児シェリ(ルパート・フレンド)のスキャンダラスな恋模様を描く。

ココットと呼ばれた高級娼婦は19世紀末以降、セレブのようにもてはやされ、多くの女性が自らの美ぼうを武器に人生の頂点を目指していた。独身を貫き資産運用に長けたレアは、すぐに別れるつもりで付き合ったシェリとの6年間に及ぶ交際を経て、自分の気持ちが本物であることに気づくようになる。

ファイファーは、年齢を感じさせることのない美しい裸体を惜しげもなく披露。公開された写真は、シェリと裸でじゃれ合いながら、幸せそうに見つめるレアの妖艶(ようえん)な表情が印象的だ。

わたしの可愛い人 シェリ」は、10月16日から全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi