“武術師範”岡田准一が麻生太郎元首相を警護 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月29日 > “武術師範”岡田准一が麻生太郎元首相を警護
メニュー

“武術師範”岡田准一が麻生太郎元首相を警護

2010年9月29日 19:59

本物の要人警護にドキドキ

本物の要人警護にドキドキ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気TVシリーズの映画化2部作前編「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」の完成披露試写会が9月29日、東京・千代田区の東京国際フォーラムにて行われ、主演の岡田准一堤真一真木よう子松尾諭神尾佑らが舞台挨拶に立った。劇中でSPを演じる5人は、映画の世界観を再現すべく、要人ゲストとして来場した麻生太郎元首相を警護した。

イベントが始まると、舞台上に7メートルのロングリムジンが登場。岡田ら主要キャストに加え、麻生元首相が姿を現すと会場はどよめきに包まれた。麻生元首相は、第92代内閣総理大臣ほか数々の要職を歴任し、警護についたSPの述べ人数が最も多い現職の政治家という記録を持つ。岡田らは、警護しながら客席まで誘導。無事に任務を終えた岡田は「緊張しました。来ていただいてうれしいです」と表情をほころばせた。

同作は、直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を務めるサスペンスアクション。「野望篇」では、与党幹事長の伊達(香川照之)を警護していた井上薫(岡田)ら警視庁警備部警護課第四係のSPたちが、大規模テロ事件に巻き込まれていく姿を描く。


アクション女優になろうかな

アクション女優になろうかな
[拡大画像]

岡田は、同作のアクションのために、約2年半前からフィリピンの伝統武術カリと、ブルース・リーが考案したジークンドーなどを習い続けていたという。そして昨日、カリとジークンドーのインストラクターの資格を取得。岡田は登壇者から「師範」と呼ばれ、会場からの祝福の拍手に照れくさそうに笑ったが、劇中ではアクションシーンの考案も行うなど並々ならぬ思い入れ。それだけに、映画の完成に「本当にお待たせしました。僕も早く続きが見たかったけど、ごまかしのないものを作るために頑張りました」と胸を張った。

そんな岡田に、堤は「もともと身体能力があったけど、体つきも(以前とは)格段に違う」とほれぼれ。真木も「ていねいで優しいけど、できないと怖い先生」と評し、「撮影終わったらアクション女優としてやっていこうかなと思った」とすっかりアクションに魅了された様子だった。

映画を鑑賞した麻生元首相は、報道陣の取材に応じ「アクションがなかなか迫力あって面白かったね」とご満悦。「あれだけ長時間追いかけられる人は、私についている箱根駅伝に4年連続で出場したSP以外にはいないんじゃないかな。警護術もちゃんとしているし、簡単に銃も抜かないし、しっかりしていたと思う。私だったら撃っちゃうけどね(笑)」と太鼓判を押した。そして、イベントで警護についた岡田らについても「手慣れていた。間違っちゃいないよね」と称えた。

「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」は10月30日から全国で公開。後編の「革命篇」は2011年春公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi