前張りなし派の竹中直人に、宍戸錠も深く共感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月28日 > 前張りなし派の竹中直人に、宍戸錠も深く共感
メニュー

前張りなし派の竹中直人に、宍戸錠も深く共感

2010年9月28日 21:13

宍戸が竹中に熱烈キス!「ヌードの夜」

宍戸が竹中に熱烈キス!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・石井隆監督が1993年に発表した「ヌードの夜」の17年ぶりとなる続編「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」の完成披露試写会が9月28日、都内で行われ、主演の竹中直人佐藤寛子東風万智子井上晴美宍戸錠大竹しのぶ、石井監督が舞台挨拶に登壇した。

同作は、“なんでも代行屋”の紅次郎(竹中)が、美少女れん(佐藤)から奇妙な依頼を受けたことで、女たちの欲望渦巻く完全犯罪に巻き込まれていく姿を描く愛憎劇。石井監督は、「ずっと眠っていたシナリオが1本の映画になったことはすごく幸せ。映画は見る人に届いて初めて完成するので、皆さんの力で完成させて」と語りかけた。

17年ぶりに石井監督とタッグを組んだ竹中は、「石井さんのことが大好きで、また一緒に仕事をしたいという気持ちで胸がいっぱいだった」と述懐。大竹も「深夜を通り越して朝まで撮影が続いたりしたけど、そんな石井組が私も好き。楽しい映画じゃないけど、不思議な石井ワールドを楽しんで」と挨拶した。ベテランの宍戸は「僕は監督キライ!(笑)。これまで400~500本くらい映画に出てるけど、石井さんの映画は本当に変で面白い」とおどけながらも賛辞をおくった。

井上は、「フリーズ・ミー」(00)以来となる石井組への参加に、「もう2度と会いたくないって思ってたけど、10年経ったら不思議と会いたくなった。撮影は過酷だけど、それがまた快感だった」。体当たりでヌードに挑んだ佐藤は、「毎日が緊張の連続ですごいプレッシャーだったけど、いつも竹中さんが空気を和ませてくれた」と感謝しきり。竹中が「年の差はあるけど、濡れ場も自然に演じることができた。前張りすると挿入の感じがうまく出ないので、前張りなしでやった」と明かすと、宍戸も「前張り反対! オレは出す派」と深く共鳴していた。

ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」は、10月2日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi