椎名桔平、“ドロンジョ”深田恭子に「仕えることができてうれしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月25日 > 椎名桔平、“ドロンジョ”深田恭子に「仕えることができてうれしい」
メニュー

椎名桔平、“ドロンジョ”深田恭子に「仕えることができてうれしい」

2010年9月25日 16:21

ドロンジョ深田に尽くしまくりました!「恋愛戯曲 私と恋におちてください。」

ドロンジョ深田に尽くしまくりました!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気劇作家の鴻上尚史が自ら手がけた人気舞台を映画化した「恋愛戯曲 私と恋におちてください。」が9月25日、全国34スクリーンで初日を迎え、鴻上監督をはじめ、深田恭子椎名桔平塚本高史が舞台挨拶に立った。

恋をしないと一行も原稿が書けない脚本家(深田)が、催促に来たテレビ局のプロデューサー(椎名)に対し「シナリオがほしければ、私と恋に落ちて」と強制恋愛を迫るラブコメディ。約4年半ぶりの主演を務めた深田は、「ワガママで男を振り回す脚本家」という現実のヒロインに加えて、「彼女が書く台本の地味でさびしい人妻」「その人妻が書く台本のゴージャスな女性作家」という架空のヒロインを演じ分けた。

深田は、「今の芝居にちょっとエッチなふりかけをかけてください」「ちょっと清水の舞台から飛び降りる感じで」といった鴻上流のユニークな演出に戸惑った様子。「とりあえず、『はい、わかりました』とわかったふりをしていたんですが、難しかったですね」と振り返った。一方の椎名は、「深田さんといえば、ドロンジョのイメージ。ドロンジョ様に尽くしまくって、仕えることができてうれしい」と笑顔で語り、「見事な三変化。本当にいろんな面をもってらっしゃる」と太鼓判を押した。

恋のライバルを演じる塚本は、「ちょっとレトロで、なつかしいテイスト。80年代にタイムスリップした感覚」。深田同様、鴻上監督の抽象的な指示に戸惑いつつ「ここは適当にお任せってこともありましたよ」。これには鴻上監督も「『適当に』って言ってちゃんとやってくれるんだから、なんて便利なんだ」と感心しきりだった。

過去の恋愛エピソードに話題が及ぶと、椎名と塚本は「女性から強制的な猛アプローチを受けたことはない」と口をそろえたが、鴻上監督は「えっ、本当はあるでしょ? 僕はありますよ」と対抗心むき出し。また、深田は「海で『大好き』と叫んでほしい。ベタベタなのが好き」と理想のシチュエーションを告白。そして「この映画を見て、恋したいと思っていただき、明日への活力になればうれしい」とアピールしていた。

ヤッターマン てんこ盛りDVD[DVD] ヤッターマン てんこ盛りDVD[DVD] 最安価格: ¥3,738 深田恭子といえばドロンジョさま

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi