多部未華子&三浦春馬「君に届け」初日に感動の大号泣 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月25日 > 多部未華子&三浦春馬「君に届け」初日に感動の大号泣
メニュー

多部未華子&三浦春馬「君に届け」初日に感動の大号泣

2010年9月25日 14:33

2人とも感動のあまり目は真っ赤「君に届け」 2人とも感動のあまり目は真っ赤
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 椎名軽穂の大ヒット漫画を実写映画化した「君に届け」が9月25日、全国285スクリーンで公開。主演の多部未華子三浦春馬蓮佛美沙子桐谷美玲夏菜青山ハル熊澤尚人監督は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立った。

多部は、満員の客席を見わたし「きょうという日を迎えられて心の底からうれしく思います。男女問わず愛される作品。初めての恋だったり、ささいな初めてが詰まっています」とニッコリ。三浦は、原作が現在も連載中のため、続編が製作された場合のストーリーを問われ「高校を卒業して大学へ行くのか、就職するのか、東京へ行くのか……。(多部演じる)爽子ちゃんは『私のことなんか気にしないで好きなことをして』と言うんじゃないかな」ともう想を繰り広げた。

和気あいあいとした舞台挨拶の雰囲気が一変したのは、撮影スタッフから三浦へ、原作者の椎名から多部への手紙を2人が読み上げ始めてから。「きょうまでの春馬の頑張りは、絶対に日本中に届くはず」というメッセージに、三浦は大号泣。さらに多部も、「爽子が未華子ちゃんで良かった」の一文で目から大粒の涙をこぼし、場内の女性ファンももらい泣きしていた。

原作が累計発行部数1400万部を突破した同作は、誰よりも健気で純粋ながら見た目が暗いことで周囲から「貞子」と呼ばれる女子高生・黒沼爽子が、クラスの人気者・風早翔太の気さくな優しさに触れながら、徐々に打ち解けて変わっていく姿を描く。

夜のピクニック ピクニックパック[DVD] 夜のピクニック ピクニックパック[DVD] 最安価格: - 多部未華子が出演した、こちらも原作小説は大人気。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報