“キスおばちゃん”浅見千代子「若い子のくちびるはいい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月24日 > “キスおばちゃん”浅見千代子「若い子のくちびるはいい」
メニュー

“キスおばちゃん”浅見千代子「若い子のくちびるはいい」

2010年9月24日 11:29

過酷な罰ゲーム…「×ゲーム」

過酷な罰ゲーム…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「D-BOYS」の荒木宏文、「AKB48」「渡り廊下走り隊」の菊地あやか仲川遥香らが出演する「×ゲーム」の公開を記念し9月23日、東京・渋谷TOEIで「罰ゲームチュー(抽)選会」と題したイベントが行われた。会場には日本テレビ系列の番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でおなじみの“キスおばちゃん”こと浅見千代子が登場した。

浅見は、客席から抽選で選ばれたひとりにキスする予定だったが、当選者の女性がこれを拒否。そのため、舞台挨拶に登壇していた主題歌アーティスト「+Plus」のメンバーと福田陽平監督がじゃんけん対決をするハメに。その結果、ボーカルの岩元健が敗れ、浅見からのキスを受けることになった。

岩元は、口元に浅見の口紅を残しながら「とても光栄、うれしいです」と放心状態。ほかのメンバーは「いやあ、うらやましい」とほくそ笑んだ。また、福田監督は「浅見さんにキスされたら、幸せになれるっていう都市伝説を聞いたことがある」とフォローに躍起だった。一方、しゃべらないという設定の浅見は、司会を務めるプロデューサーの大橋孝史に何やら耳打ち。大橋は「千代子さんは、やっぱり若い子のくちびるはいいと言っております」と浅見の喜びを代弁していた。

同作は何者かに拉致された大学生の英明(荒木)ら小学校時代の同級生4人組が、クジ引きでさまざまな“罰ゲーム”を強要される密室サスペンス。原作は「リアル鬼ごっこ」「親指さがし」などで知られる山田悠介の同名小説。映画化に際し、原作とは異なるエンディングが用意された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi