生田斗真主演の「源氏物語」で中谷、窪塚、東山が豪華共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月22日 > 生田斗真主演の「源氏物語」で中谷、窪塚、東山が豪華共演
メニュー

生田斗真主演の「源氏物語」で中谷、窪塚、東山が豪華共演

2010年9月22日 11:54

豪華キャストで新たな「源氏物語」を生み出す「愛の流刑地」

豪華キャストで新たな「源氏物語」を生み出す
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生田斗真が光源氏役で主演する映画「源氏物語」に、中谷美紀窪塚洋介東山紀之が出演することになった。

同作は、「物語の中の光源氏の世界」と「物語を書いた紫式部の世界」が織り交ざり、その間を陰陽師・安倍清明が行き来するという、夢と現実が交錯する世界を描く。作家・高山由紀子の「源氏物語 悲しみの皇子」(角川書店刊)が原作で、高山自身も脚本に参加。「愛の流刑地」の鶴橋康夫監督がメガホンをとる。

人間失格」「シーサイドモーテル」「ハナミズキ」と映画出演が続く生田が、絶世の美をもつ光源氏役。中谷が「源氏物語」を創出する紫式部を、窪塚が時空を超越しておん霊と戦う安倍を演じる。中谷は、「1000年の時を経て今もなお語り継がれる物語を綴った紫式部が、長い髪と重い装束の内側に隠した修羅を演じることは、光栄であると同時に恐ろしくもありますが、鶴橋監督を信じてついて行きます」。窪塚は役づくりのため晴明神社ほか京都嵐山をめぐり「みんなが見たことのない、安倍晴明をご覧に入れます」と意気込む。

東山は、紫式部に「源氏物語」を書かせることになる藤原道長役。1991年放送のスペシャルドラマ「源氏物語 上の巻」に出演した経験があり、「人生で2度も同じ文学作品に携われるなんて大変光栄です。日本文学最高峰を生み出した“紫式部”。僕は“藤原道長”を演じることをとても楽しみにしています。斗真には負けないぞ!(笑)」と、事務所後輩の生田にライバル心を燃やしている。

9月20日から岩手や京都を中心に撮影が開始されており、年内クランクアップ予定。2011年公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi