オスカー前しょう戦スタート!トロント映画祭最高賞に「キングス・スピーチ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月21日 > オスカー前しょう戦スタート!トロント映画祭最高賞に「キングス・スピーチ」
メニュー

オスカー前しょう戦スタート!トロント映画祭最高賞に「キングス・スピーチ」

2010年9月21日 12:44

オスカー戦線に名乗り「プレシャス」

オスカー戦線に名乗り
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第35回トロント国際映画祭が9月19日に閉幕。最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)に、トム・フーパー監督、コリン・ファース主演の「ザ・キングス・スピーチ(The King's Speech)」が選ばれた。

同作は、現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世(ファース)が主人公の歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。

言語療法士役にジェフリー・ラッシュ、エリザベス王妃役にヘレナ・ボナム・カーター、ジョージ6世の兄で恋のために王冠を捨てたエドワード8世役にガイ・ピアースが出演。ほか、マイケル・ガンボンデレク・ジャコビらが共演している。同作は、同映画祭以前に上映されたテルライド映画祭でも非常に高い評価を獲得していた。

トロント映画祭は例年、アカデミー賞の前しょう戦第1弾と位置づけられており、昨年、同賞を受賞した「プレシャス」はアカデミー賞脚色賞と助演女優賞、一昨年の「スラムドッグ$ミリオネア」は作品賞を含む8部門を制した。「ザ・キングス・スピーチ」も、すでにファースの主演男優賞とラッシュの助演男優賞ノミネートを確実視する声が上がっている。

なお、同観客賞次点に「The First Grader」(ジャスティン・チャドウィック監督)、ドキュメンタリー部門観客賞には「Force of Nature: The David Suzuki Movie」(ストゥーラ・ガンナーソン監督)が選ばれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi