「したまちコメディ大賞2010」グランプリと観客賞が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月21日 > 「したまちコメディ大賞2010」グランプリと観客賞が決定
メニュー

「したまちコメディ大賞2010」グランプリと観客賞が決定

2010年9月21日 12:44

グランプリ受賞の高野雄宇監督「山」

グランプリ受賞の高野雄宇監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「第3回したまちコメディ映画祭in台東」が開催中の東京・浅草公会堂で9月19日、「したまちコメディ大賞2010」の選考会及び授賞式が行われた。

同賞は、昨年から新設されたコンペティション部門。「上映時間20分以内」「商業化されていないオリジナル作品」などを条件に、国内外から寄せられた210本の中から10本が選出され、グランプリと観客賞の2部門でしのぎを削った。審査員を務めたのは、金子修介監督、喰始五月女ケイ子いとうせいこうの4人。グランプリは高野雄宇監督作「ちょぼ」、観客賞は岩井澤健治監督作「」が受賞した。

「ちょぼ」は、幽霊が見える能力をもったサラリーマンの“ちょぼ”が、トラブルに巻き込まれる約9分間の実写作品。映画祭の総合プロデューサーであるいとうは、「いくつかの候補がありきっ抗していたが、高野監督に(賞金の)50万円を預けて、次回作でさらに進化してくれることを望んだ」と選考理由を説明。金子監督は「稚拙だが、もしかしたら(笑)、いや絶対に将来性があるんじゃないかと。次はもっとうならせてほしい」と期待を寄せた。

高野監督は「期待していなかったといえばウソになるが、皆さんの作品を見て(受賞は)ほぼ無理だろうと思っていた」と驚いた様子。同会場では16日に映画「キック・アス」がプレミア上映されており、「同じスクリーンに自分の作品が上映されたことがうれしい」と喜びを語っていた。

また、五月女は「ものを形にする面倒くささや、他人に見られる緊張感を乗り越えて、作品をこの場に持ってきた皆さんを尊敬します。どれも良かったですが、次回は予想を裏切るような変態な作品がもっと増えれば」。喰からは「どの作品も一長一短。こじんまりとまとめようとしているのでは」と厳しい意見も飛び出した。いとうによると、来年以降も「したまちコメディ大賞」は開催されるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi