白石和彌監督デビュー作、小林且弥が「日本で上映できるか心配だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月18日 > 白石和彌監督デビュー作、小林且弥が「日本で上映できるか心配だった」
メニュー

白石和彌監督デビュー作、小林且弥が「日本で上映できるか心配だった」

2010年9月18日 23:22

数々の映画祭を経て、やっと日本公開「ロストパラダイス・イン・トーキョー」

数々の映画祭を経て、やっと日本公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若松孝二行定勲犬童一心らの下で助監督を務めてきた白石和彌監督のデビュー作「ロストパラダイス・イン・トーキョー」が9月18日に初日を迎え、主演の小林且弥内田慈、ウダタカキ(菟田高城から改名)、白石監督が東京・ポレポレ東中野にて舞台挨拶に登壇した。

同作は、知的障害者の兄・実生とその弟・幹生、とあるきっかけで兄弟と出会った地下アイドルとデリヘル嬢の2つの顔を持つ女性・マリンの奇妙な共同生活を通じて、現代社会が抱える問題を浮き彫りにしていく人間ドラマ。すでにSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009、釜山国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など国内外の映画祭で上映され、高い評価を得ている。

兄思いの弟を演じた主演の小林は「海外での上映の方が多くて、本当に日本で上映できるのか心配していましたが、初日にこれだけお客さんが入ってくれて本当に嬉しいです」。立ち見客も出るほどの盛況ぶりに安どの表情を見せたが、撮影の思い出については「それが覚えていないんですよね(苦笑)。なにせ1年8カ月も前に撮影したので……」と正直に告白した。

代わりに白石監督が「(小林が)こんなにしんどいなら役者をやめようかと思うと言ったんですが、そういうネガティブさが幹生役に合っていたと思います」と撮影当時を振り返り、共演の内田、ウダの起用に関しては「内田さんは、最初に会ったときの彼女の視線の動かし方に一目惚れしました。ウダさんは『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』で演技は見ていたけれど、果たして(知的障害という難役を)やってくれるか心配で。才能あるキャストが集まってくれたからこそできた作品です」と役者陣を称えた。

そして、白石監督は「この映画は社会を少しでも救えないかなと思って作りました。作品を知ってもらうことがまず第一歩なので、応援お願いします!」と熱いメッセージを残した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi