勝地涼、歴史あるガンダムシリーズへの初参加を振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月18日 > 勝地涼、歴史あるガンダムシリーズへの初参加を振り返る
メニュー

勝地涼、歴史あるガンダムシリーズへの初参加を振り返る

2010年9月18日 14:14

アメリカや香港など海外上映も決定!「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」

アメリカや香港など海外上映も決定!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットTVアニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の映画化「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」が9月18日に初日を迎え、声優を務めた宮野真守三木眞一郎吉野裕行神谷浩史勝地涼水島精二監督が東京・有楽町の丸の内ピカデリー1で舞台挨拶を行なった。

ガンダムシリーズ19年ぶりの完全新作映画。TVシリーズから2年後、かつて予見された“来るべき対話”の時を迎え、主人公の刹那・F・セイエイが、最後の戦いに身を投じていくなかで、人類を導く革新者“イノベイター”へと進化した本当の意味に直面する姿を描く。

黄色い歓声に迎えられたキャスト陣は、同作が完結編となることを受けて「TV版キャスト発表から約4年間走り続けてきましたが、すべてを通して初めて“最終回”を迎えた気分。とても感慨深いです」(宮野)、「スタッフ、役者陣の思いがほとばしった映画」(三木)、「オリジナルのガンダムがあったからこそ、『00』が出来たことに感謝したい」(吉野)、「“来るべき対話”のときは今日です!」(神谷)とそれぞれ万感の面持ち。

また、劇場版オリジナルキャラクターのデカルト・シャーマンを演じた勝地は「プロの声優さんのなかで演じるのはプレッシャーでもありましたが、歴史あるシリーズに参加できて幸せ。過去が描かれないキャラなので、想像しながら演じました。現代にも置き換えられる深い物語で、(この仕事をきっかけに)『00』の大ファンになりました」と振り返った。水島監督は「アレルヤの生身のアクションが盛り込まれたりと、中盤の展開にも期待して欲しい」と見どころを話した。

最後に宮野が「本作は“今までにない”がキーワード。“来るべき対話”とは何なのか、そしてそれを人類はどう迎えるのか。ぜひ彼らの生きざまを見届けてほしいです」とアツく締めくくっていた。

機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス[DVD] 機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス[DVD] 最安価格: - 全てはここから始まった、ファーストガンダム

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi