伊藤英明、「海猿」完結に「胸がいっぱい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月18日 > 伊藤英明、「海猿」完結に「胸がいっぱい」
メニュー

伊藤英明、「海猿」完結に「胸がいっぱい」

2010年9月18日 13:32

大ヒットシリーズもついに完結「THE LAST MESSAGE 海猿」

大ヒットシリーズもついに完結
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伊藤英明主演の人気シリーズ完結編「THE LAST MESSAGE 海猿」が9月18日、全国466スクリーンで公開。東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で主演の伊藤ほか、加藤あい佐藤隆太らが舞台挨拶に立った。

2004年の1作目からTVドラマ、映画続編と6年にわたり主人公の仙崎大輔を演じてきた伊藤は「仙崎と一緒に成長してこられたと思う。やっと初日を迎えられた。撮影から今日までやれることはやってきたし、胸がいっぱいで言葉にならない」と万感の思い。大輔の妻となり、今回は母親にもなったヒロイン・環菜を演じた加藤も、1作目の当時を振り返り「まさかあの頃は子どもを持つ役にまでたどりつけるとは思わず、ここまで一緒にこられて嬉しいです」。ネットではファンからメッセージも多数寄せられたそうで「ここに来る前から涙、涙の状態で舞台挨拶に入りました。撮影で1年分くらい泣いた気がしましたが、まだまだ泣けそうです」と話した。


軽々とお姫様だっこ「THE LAST MESSAGE 海猿」

軽々とお姫様だっこ
[拡大画像]

一方、シリーズ初参加で、事故現場の天然ガスプラントに取り残される女医役を演じた吹石一恵は「覚悟してやらせてもらったつもりではあったんですが、想像以上にものすごい現場でした」とオイルまみれで過酷だった撮影を述懐。同じくプラントの作業員を演じた濱田岳は、「撮影の合間、椅子を用意してもらうんですが、僕だけ英さん(伊藤)の膝の上に座ってました。移動も英さんのお姫様だっこでした」と話して笑いを誘った。これに対し、伊藤は「あいちゃんと2日間くらいしか撮影が一緒じゃないかったんだけど、いつなんどき抱き上げるときがくるかもしれないのでトレーニングしてました」と話し、実際に濱田を軽々と抱き上げて会場を盛り上げた。

同作は、大火災が発生した巨大天然ガスプラント施設「レガリア」を舞台に、救助作業中に起きた爆発事故で閉じ込められてしまった海上保安官の潜水士・仙崎(伊藤)らが、生還を目指して奮闘する姿を描く。通常の2D版に加え、シリーズ初の3D版が全国277スクリーンで上映。

舞台挨拶にはほかに加藤雅也三浦翔平時任三郎羽住英一郎監督も出席した。

252 生存者あり[Blu-ray/ブルーレイ] 252 生存者あり[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,758 “海猿”伊藤英明が元ハイパーレスキュー隊員演じた「252」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi