バナナマン設楽主演「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月16日 > バナナマン設楽主演「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」予告公開
メニュー

バナナマン設楽主演「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」予告公開

2010年9月16日 11:57

ヘタな映画や小説より面白い、裁判所での悲喜こもごも「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」

ヘタな映画や小説より面白い、裁判所での悲喜こもごも
(C)2010「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統が映画初主演し、北尾トロのベストセラーエッセイを映画化した「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の予告編映像が公開された。

同作は、三流ライターの南波タモツ(設楽)が、美人プロデューサーから依頼された“愛と感動の裁判映画”の脚本を書くために裁判所を訪れ、法廷を舞台に繰り広げられるさまざまな人間ドラマを目の当たりにする姿を描く。

タモツが目撃したのは、収穫した大根の大きさをめぐって友人を撲殺した真面目なサラリーマンや、歯の痛み止めのために覚せい剤を打ったという薬物中毒の女。さらに、社会科見学のためにチカン事件の裁判の傍聴にきた女子高生の前で、卑わいな医学用語を連発して被告を責め立てる裁判官ら、“愛と感動”とはほど遠いワイドショーばりの裁判ざたに泣き笑いする人々ばかり。

予告編では、裁判所に初めて足を踏み入れたタモツが、「入口から堂々と、服装は自由!」「立ち見、不可!」「傍聴マニアの友だちを作る!」など、「傍聴を楽しむルール」にのっとって行動し、傍聴マニアの間で「マリリン」と呼ばれる美人鬼検事・長谷部真理(片瀬那奈)に、「楽しいでしょうね、他人の人生を高みの見物して!」としっ責される姿が映し出されていく。

監督は「ソフトボーイ」の豊島圭介。設楽、片瀬のほか、螢雪次朗村上航尾上寛之鈴木砂羽堀部圭亮平田満らが出演。11月6日から全国で公開。

バナナマン傑作選ライブ DVD-BOX Punch Kick Chop[DVD] バナナマン傑作選ライブ DVD-BOX Punch Kick Chop[DVD] 最安価格: - 相方・日村ももちろん出演

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi