ベン・アフレック監督作、初の日本公開が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月15日 > ベン・アフレック監督作、初の日本公開が決定
メニュー

ベン・アフレック監督作、初の日本公開が決定

2010年9月15日 11:36

次代のクリント・イーストウッド?「ザ・タウン」

次代のクリント・イーストウッド?
(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優ベン・アフレックがメガホンをとった新作アクションスリラー「ザ・タウン」の日本公開が決定した。アフレックの監督作が日本で劇場公開されるのはこれが初めて。このほどその予告編が到着した。

アフレックが監督・脚本・主演の3役を務める同作は、ミステリー作家チャック・ホーガンによる小説「強盗こそ、われらが宿命」の映画化。冷徹な銀行強盗団のリーダー・ダグ(アフレック)が、仲間への絆と恋人のために足を洗う決断とのあいだで揺れ動くさまを描く。アフレックのほか、レベッカ・ホール(「それでも恋するバルセロナ」)、ジョン・ハム(「マッドメン」)、ジェレミー・レナー(「ハート・ロッカー」)、ブレイク・ライブリー(「ゴシップガール」)といった豪華俳優陣が出演している。

アフレックは、1997年の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」で親友マット・デイモンとともにアカデミー賞脚本賞を受賞し、07年の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」で監督デビューをはたした。監督2作目となる「ザ・タウン」は先頃、ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭で上映されたほか、東京国際映画祭(10月23日~31日)のクロージング作品にも選出されている。

ザ・タウン」は、2011年日本公開。

ゴーン・ベイビー・ゴーン[DVD] ゴーン・ベイビー・ゴーン[DVD] 最安価格: - 高評価ながらも日本では劇場公開されなかった監督1作目

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi