“ガンダムおたく”杉作J太郎、刹那の生涯童貞を主張 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月13日 > “ガンダムおたく”杉作J太郎、刹那の生涯童貞を主張
メニュー

“ガンダムおたく”杉作J太郎、刹那の生涯童貞を主張

2010年9月13日 12:01

ガンダムへの熱い思いを吐露「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」

ガンダムへの熱い思いを吐露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズ19年ぶりの新作映画となる「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」の公開を記念し、同TVシリーズ全50話を一気に上映するイベントが9月11日からの2日間、東京・東銀座の東劇で行われた。12日にはグラビアアイドルの喜屋武ちあき、お笑い芸人の西井隆詞、男の墓場プロダクション代表・杉作J太郎によるトークショーが吉田豪の司会のもとで行われた。

ガンダムマニアとして知られる喜屋武は、観客にリポビタンDの差し入れを配り長丁場の疲れを癒しながら登場。大好きなキャラクター、アレルヤのモノマネを披露し「黒い服を着ているときのアレルヤの胸板が素敵。アレルヤとチューしたい!」と熱く語った。杉作は、「ネーナ・トリニティ命! 僕は血生臭い女性が好き。ただ単にかわいいだけの女性には全く興味ないです。モー娘しかり」と男気あふれるコメントで笑いを誘った。

小学2年のころから見続けているという西井は、かつてラジオ番組の懸賞で当てたという世界に500体しかないフィギュアを持参。杉作に「この場でプレゼントするんでしょ?」と言われ、焦る姿が笑いを誘った。

主人公の刹那・F・セイエイについては、「刹那は女っ気がないところに共感します。女性とくっついてほしくない。生涯童貞であるべきです!」(杉作)、「刹那は恋愛しなくていいです。主人公が恋愛系にいかないところがいいですよね」(喜屋武)とそれぞれ熱弁をふるい、会場を盛り上げた。

劇場版ではTVシリーズから2年後の西暦2314年を舞台に、元中東の少年兵、刹那・F・セイエイら私設武装組織ソレスタルビーイングの活動を軸に、エネルギー覇権をめぐる争いなどが描かれる。9月18日から全国で公開。

機動戦士ガンダム00 MEMORIAL BOX[DVD] 機動戦士ガンダム00 MEMORIAL BOX[DVD] 最安価格: - 公開前にTVシリーズをチェック

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi