新垣結衣、「ハナミズキ」で初の故郷凱旋舞台挨拶を報告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月9日 > 新垣結衣、「ハナミズキ」で初の故郷凱旋舞台挨拶を報告
メニュー

新垣結衣、「ハナミズキ」で初の故郷凱旋舞台挨拶を報告

2010年9月9日 21:22

ガッキー、感激「ハナミズキ」

ガッキー、感激
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新垣結衣主演の「ハナミズキ」が8月21日の公開から19日間で動員162万人、興行収入20億円を突破。これを受けて9月9日、東京・渋谷の渋東シネタワーにて新垣と共演の生田斗真土井裕泰監督が御礼舞台挨拶を行った。

同作は、一青窈が2004年がリリースした同名曲をモチーフに、1組の男女が離れ離れになりながらも、互いを思い合いながら成長する10数年間を描く純愛物語。この日、新垣は出身地の沖縄・那覇で午後1時から、生田も自身の故郷で映画の舞台でもある北海道・釧路で午前10時20分から、それぞれ御礼の凱旋舞台挨拶を敢行。劇中で描かれる遠距離恋愛さながらに南北約2500キロも離れた2人が、東京・渋谷で合流した。

新垣は作品の大ヒットに「たくさんの方に見ていただいて、うれしいの一言。自分にとって大切な作品が、メガヒットと言ってもらえて感無量です」。故郷で凱旋舞台挨拶を行ったのはデビュー以来初めてで「どんな雰囲気なのか全く想像できなかったけど、沖縄ならではのマイペースな、ふわっとした空気で迎えていただけて、楽しく話してきました」と報告。生田と土井監督にお土産として買ってきたシーサーとサトウキビ、Tシャツをプレゼントした。

一方の生田も昨晩から釧路入りし、ロケ地を再訪するなどして現地を楽しんだという。「お世話になった漁師や地元の方々が見にきてくれていて、良かったねと言ってくれて本当にうれしかった」と話し、新垣へのお土産で劇中でも使われた船の模型を渡した。

また、土井監督からは新垣、生田への感謝の手紙がサプライズで贈られ、新垣は「(映画の撮影は)終わっても、またひとつつながりができたのかなと思う」と感慨深い様子で話した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi