「告白」が米アカデミー賞外国語映画部門へエントリー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月9日 > 「告白」が米アカデミー賞外国語映画部門へエントリー
メニュー

「告白」が米アカデミー賞外国語映画部門へエントリー

2010年9月9日 16:08

世界各国の競合とオスカーを競う「告白」

世界各国の競合とオスカーを競う
(C)映画「告白」フィルムパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松たか子主演の「告白」が、来年2月27日に授賞式が行われる第83回米アカデミー賞最優秀外国語映画部門へ日本代表作品としてエントリーされることが決まった。日本映画製作者連盟が配給各社から申請された25作品のなかから選出した。

同部門は今後、2011年1月25日に世界各国の代表作品から最終ノミネートを発表。2月27日の授賞式で受賞作品が決まる。日本映画は2008年に「おくりびと」が同部門を受賞している。

告白」は、09年本屋大賞を受賞し286.5万部を発行する湊かなえのベストセラー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が映画化。ひとり娘を事故で亡くした中学校教師の森口(松)が、「娘はこのクラスの生徒に殺された」と告白をしたことから、事件にかかわった人物たちの心のやみが次々と明るみになっていく様子を描く。今年6月5日から全国で公開され、9月7日現在で動員292万8000人、興行収入37億8700万円を記録。現在も全国35スクリーンで上映されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi