榮倉奈々「のぼうの城」ヒロイン甲斐姫役で時代劇初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月8日 > 榮倉奈々「のぼうの城」ヒロイン甲斐姫役で時代劇初挑戦
メニュー

榮倉奈々「のぼうの城」ヒロイン甲斐姫役で時代劇初挑戦

2010年9月8日 05:00

凛々しいお姫様の活躍に期待!「のぼうの城」

凛々しいお姫様の活躍に期待!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の榮倉奈々が、和田竜の人気時代小説を映画化する「のぼうの城」にヒロイン甲斐姫役で出演することが分かった。

野村萬斎扮する主人公の成田長親が密かに思いを寄せる、忍城当主・成田氏長の娘・甲斐姫を演じる榮倉。誰もが見とれる美しい外見を持ちながら、百姓のかたき打ちのために自ら刀を握り、侍をも投げ飛ばす男勝りな一面を持つ紅一点のヒロインだ。

榮倉は今回が時代劇初挑戦。乗馬訓練や合気道の練習はもちろん、自らの役どころにまつわる歴史書を読み、共同でメガホンをとる犬童一心樋口真嗣両監督から薦められた黒澤明監督の時代劇を見るなど、万全の準備で撮影に臨んだ。8月末からクランクインしており、早速華麗な乗馬シーンも披露しているという。

すっかり戦国時代のファンになったという榮倉は、「緊張や不安よりも、楽しみ、ワクワク感でいっぱいです。時間を超えて、当時の世界に生きている感覚を味わい、のびのびとお芝居ができたないいなと思っています」と意気込んだ。両監督も、「女優としてのスケール感や、ワイルドさと繊細さをあわせもつところが甲斐姫に通じているのではないかと思います。榮倉さん自身の穏やかなイメージに対する意外性や、時代劇が初めてということでの新鮮さにも期待しています」と話している。


すでに乗馬もお手の物「のぼうの城」

すでに乗馬もお手の物
[拡大画像]

同作は、第29回城戸賞を受賞した脚本「忍ぶの城」を、映画化を前提に小説として執筆した和田の文壇デビュー作。実話に基づくストーリーで、「のぼう様(でくのぼうの意)」と呼ばれ、領民からも慕われた忍城の城代・長親が、わずか500人の兵で石田三成率いる豊臣秀吉方2万人の大軍に対抗した姿をダイナミックに描く。

同作にはほかに佐藤浩市山口智充成宮寛貴らが出演。北海道・苫小牧の東京ドーム約20個分に相当する広大な敷地に日本映画史上最大規模のオープンセットを建設し、撮影が進められている。

2011年全国公開予定。

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 今年は「コララインとボタンの魔女」で声優にも初挑戦した榮倉奈々

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi