大沢たかお「150年前の日本の男たちのエネルギーを感じて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月7日 > 大沢たかお「150年前の日本の男たちのエネルギーを感じて」
メニュー

大沢たかお「150年前の日本の男たちのエネルギーを感じて」

2010年9月7日 20:57

清史郎くんは刀に大喜び「桜田門外ノ変」

清史郎くんは刀に大喜び
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉村昭の小説を壮大なスケールで映画化した「桜田門外ノ変」の完成披露試写会が9月7日、東京・銀座の丸の内TOEI1で行われ、主演の大沢たかお長谷川京子渡部豪太坂東巳之助柄本明、子役の加藤清史郎佐藤純彌監督が舞台挨拶に立った。

同作は、攘夷派の水戸藩と薩摩藩の浪士が、開国をおし進めていた徳川幕府の大老・井伊直弼を暗殺した歴史的大事件「桜田門外ノ変」の全貌に迫り、事件にかかわった人々の思いを描く。

この日、キャスト陣は事件の前に烈士が集結したと言われる東京・愛宕神社を参拝し、ヒット祈願を行った。襲撃部隊の指揮をとった関鉄之介を演じた大沢は、「桜田烈士みんなの志や気概を僕はちゃんと作品にぶつけられたのか、俳優として全うできたのかを考えながら参拝し、改めて身の引き締まる思いがした。時代が今とは違うけど、国を思い国の未来を憂いて命がけで生き抜いた人々の思いを、現代の僕らがきちんとつないで生きていかないといけない」と決意新た。巨匠・佐藤監督は、「初めての時代劇だけど、今見てもリアリティーを感じてもらえる作品に仕上がった」と自信をのぞかせた。

座頭市 THE LAST」や大河ドラマ「天地人」など時代劇経験豊富な加藤は、「ずっと刀を腰にさしたかった(笑)。やっと刀をさせたので大喜びして抜いたり戻したりして遊んでたら、スタッフさんに『武士はそんなに刀を抜かない』と言われて、それからなるべく抜かないようにした」と明かし、笑いを誘った。

また大沢は、「この作品を見て、子どものころに見て感動したあこがれの日本映画を見ているような気がした。自分のなかで大切な作品になったし、俳優やってて良かったなと心から思える作品。150年前の日本の男たちのエネルギーを感じて、持ち帰ってくれたらうれしい」と観客に語りかけていた。

桜田門外ノ変」は、10月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi