菊地凛子、主演スペイン映画の日本公開に歓喜 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月6日 > 菊地凛子、主演スペイン映画の日本公開に歓喜
メニュー

菊地凛子、主演スペイン映画の日本公開に歓喜

2010年9月6日 11:55

女優業も恋愛も絶好調「ナイト・トーキョー・デイ」

女優業も恋愛も絶好調
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 菊地凛子が主演したスペイン映画「ナイト・トーキョー・デイ」が9月11日から全国で公開される。

同作は、「死ぬまでにしたい10のこと」「エレジー」などで知られるスペインの女性監督イザベル・コイシェが、東京を舞台に描くラブストーリー。昼間は築地の魚市場で働き、夜は殺し屋としてやみの仕事に手を染める孤独な少女リュウ(菊地)が、暗殺のターゲットとなるスペイン人のワイン商・ダビ(セルジ・ロペス)と出会い、許されぬ恋に落ちていく。

昨年の第62回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品。日本では同年12月のスペイン映画祭で一度上映されたきりだったが、ようやく劇場公開を迎える。これには菊地も、「映画の良さは、スクリーンにかかって初めて出てくるので、日本での劇場公開が決まって本当に感動しました」と大喜び。そして、「スペイン人の女性監督が日本の女性を描いた、非常に美しい作品。イザベル・コイシェ監督の過去の作品は非常に評価が高いですし、日本でもファンが多いと思いますが、今作は新しい領域に踏み込んでいると思いますので、日本での反応が非常に楽しみ」と話している。

菊地といえば、国内では無名に近かった2006年、米映画「バベル」でアカデミー賞助演女優賞にノミネート。一躍、国際派女優へ名乗りを上げた。以降、「ブラザーズ・ブルーム」(08・米)を経て、今回が3作目の海外作品で主演を飾る。

近年、渡辺謙真田広之桃井かおり工藤夕貴役所広司浅野忠信裕木奈江ら海外作品で活躍する日本人俳優は多い。しかし、主演作となると、渡辺の「硫黄島からの手紙」や浅野の「モンゴル」などが挙げられる程度。さらに、米国やアジア圏の作品が多数を占め、スペイン映画で主演を務めた菊地はまれなケースだ。

現在イタリアで開催中の第67回べネチア国際映画祭では、菊地が出演した村上春樹原作の「ノルウェイの森」(トラン・アン・ユン監督)がコンペティション部門で上映され、好評を博したばかり。現地で新たな恋の噂が取り沙汰された菊地には、世界からさらに熱い視線が送られそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi