ミラ・ジョボビッチ「バイオハザード」は娘の世代まで続行? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月3日 > ミラ・ジョボビッチ「バイオハザード」は娘の世代まで続行?
メニュー

ミラ・ジョボビッチ「バイオハザード」は娘の世代まで続行?

2010年9月3日 17:15

「バイオハザード」はまだまだ終わらない「バイオハザードIV アフターライフ」

「バイオハザード」はまだまだ終わらない
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミラ・ジョボビッチの主演最新作「バイオハザードIV アフターライフ」の来日会見が9月3日、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われ、ジョボビッチと共演のウェントワース・ミラーアリ・ラーターが出席した。

同作は、日本の同名人気ゲームを原作とした人気アクションシリーズの第4作。地球全土にウィルスがまん延し、アンデッド(ゾンビ)がひしめく世界で、主人公のアリス(ジョボビッチ)がわずかに残った生存者を救うため戦う姿を描く。ミラーとラーターは、原作でも人気のクリスとクレアのレッドフィールド兄妹に扮し、アリスと共闘。歌手の中島美嘉が、ウィルスの第一感染者となる日本人少女役で出演していることも話題だ。

シリーズ初の3D映画で、ジョボビッチは3Dの撮影を「奥行きまで分かるので、アクションシーンでごまかしがきかなくなった。より近くでパンチやキックをしなくてはいけなくて、実際に(パンチが)入ってしまうこともあった。アリも指を骨折したし、ウェントワースもお腹にパンチを食らっていた。でも、そんなサバイバル感がリアルで楽しめた」。ラーターも「学ばなければいけないことや問題もあるけれど、そこに楽しみがあった」、ミラーも「俳優として常に新しいことを学ぶのは大切。この作品はキャラクターが3D向きだし、参加できてうれしかった」と話した。


画像2

[拡大画像]

シリーズもすでに4作目だが、ジョボビッチは「8年もやっているんだから、これからも続けたい。私にも娘がいるしアリも妊娠しているから、次の世代に引き継げるまで、『バイオハザード20』くらいはやりたい(笑)」と続編製作にも意欲的だ。

そして、常に強く美しくある秘けつを問われると「規律を重んじてトレーニングを一生懸命積むこと。何事においてもやればやるほど、努力すればするほど強くなれるし、自分に自信がつけば美しくなれると思う」と持論を展開した。

バイオハザードIV アフターライフ」は9月10日から世界同時公開。日本では4日、5日に世界最速となる先行上映が行われる。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi