ウルトラマンと共演する巨大ロボ「鋼鉄の武人・ジャンボット」解禁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月2日 > ウルトラマンと共演する巨大ロボ「鋼鉄の武人・ジャンボット」解禁
メニュー

ウルトラマンと共演する巨大ロボ「鋼鉄の武人・ジャンボット」解禁

2010年9月2日 20:49

巨大ロボットを操る男の子の夢が実現「ミラーマン」

巨大ロボットを操る男の子の夢が実現
(C)2010「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」(アベユーイチ監督)に、新ヒーロー「鋼鉄の武人・ジャンボット」が登場することが分かった。

同作は、ウルトラマンシリーズ生誕45周年記念作品として製作。悪のウルトラマン「銀河皇帝カイザーベリアル」に立ち向かう歴代ウルトラ戦士たちの戦いを描く。

ジャンボットは、惑星エスメラルダの王家専用宇宙船「ジャンバード」が戦闘時に変形する身長50メートルの巨大ロボットだ。超AIにより意思を持ち、会話も可能。大河ドラマ「龍馬伝」で福山雅治演じる坂本龍馬の幼少期を演じて話題の子役・濱田龍臣が、同ロボットを操縦する少年ナオに扮する。

ナオのかけ声「ジャンファイト!」で宇宙船から巨大ロボへ完全変形。コクピットのナオの動作に連動してさまざまなアクションをこなす。濱田が初めて見せるアクションにも注目だ。


コクピットのナオ少年「ミラーマン」

コクピットのナオ少年
(C)2010「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」製作委員会
[拡大画像]

同作には、すでに発表されていた「鏡の騎士・ミラーナイト」「炎の戦士・グレンファイヤー」も登場。ジャンボットを加えた3体の新ヒーローは、円谷プロダクションが1970年代に手がけた特撮番組「ミラーマン」「ファイヤーマン」「ジャンボーグA」がモチーフとなっている。当時の円谷プロでは、ウルトラマンやミラーマン、ジャンボーグAら別世界のヒーローたちを共演させる「銀河連邦」という構想があったが、実現には至らなかった。その構想がウルトラマン生誕45周年の今年、ついにスクリーンで実現する。

これを受け、YouTubeの「ウルトラチャンネル」では9月1日から「ミラーマン」「ファイヤーマン」「ジャンボーグA」の第1話が無料配信されている。

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE[Blu-ray/ブルーレイ] 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 ウルトラマンもどんどん進化

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi