ミラ・ジョボビッチ、六本木にアンデッド500人出現に驚がく! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月2日 > ミラ・ジョボビッチ、六本木にアンデッド500人出現に驚がく!
メニュー

ミラ・ジョボビッチ、六本木にアンデッド500人出現に驚がく!

2010年9月2日 20:01

ジョボビッチの美脚にうっとり「バイオハザードIV アフターライフ」

ジョボビッチの美脚にうっとり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミラ・ジョボビッチ主演の人気アクションシリーズ最新作「バイオハザードIV アフターライフ」のワールドプレミアが9月2日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、ジョボビッチをはじめ、共演のウェントワース・ミラーアリ・ラーター、物語のカギを握る「T-ウィルス」第一感染者を演じた中島美嘉が出席。来場者約500人が、特製Tシャツを使ってアンデッド=ゾンビに変身すると、キャスト陣はそろって驚がくの表情を見せた。

ウイルス感染爆発から5年後を舞台に、驚異の特殊能力をもつ元特殊工作員アリス(ジョボビッチ)が、わずかに生き残った人間とともに、すべての元凶であるアンブレラ社との新たな戦いのステージ“アフターライフ”へと歩み出る。T-ウィルス感染が始まった、いわば物語のスタート地点である東京でのワールドプレミアに、ジョボビッチらも感慨深げだ。

ジョボビッチはゴールドのワンピース姿で、美脚を披露。「日本で生まれたゲームを原作にしたこの作品を、日本に持ち帰ることができてとてもうれしい。前作以上にアクションにも磨きがかかったし、ゲームからの要素もたくさん盛り込まれている」。そして隣に立つ中島を見つめながら、「何といっても、この映画にはミカが出てるのよ!」と猛アピール。少し照れくさそうな表情を見せた中島は、「日本人として出演できて光栄。撮影は少しの時間でしたが、とても重要な役をやらせていただき、楽しい時間を過ごした」と胸を張った。


画像2

[拡大画像]

「HEROES/ヒーローズ」でおなじみのラーターは、現在妊娠中。前作「バイオハザードIII」に引き続き人気キャラクターを演じる。「ちょうど1年半前に、ミラとポール(W・S・アンダーソン監督)と偶然会って、次回作にクレアが出演すると知り、本当にうれしかった」と述懐。クレアの兄・クリス役でシリーズ初出演を果たすミラー(「プリズン・ブレイク」)は「ファンが多いキャラクターなので、最初は不安もあった。ただ、ミラとアリ、そしてポールがどんなときも手を差し伸べてくれたよ」。これに対し、ジョボビッチは「たまに、彼をボコボコしたけどね」と明かし、会場を笑いに包んだ。

イベントも終盤に差し掛かり、MCが「アー・ユー・アンデッド?」と呼びかけると、来場者は着用していた特製Tシャツを裏返し、見事アンデットに変身。このサプライズに、ジョボビッチらは驚きの表情を見せつつ、大喜びだった。

バイオハザードIV アフターライフ」は、9月10日全世界同時公開。日本では9月4日、5日に先行公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神の評論 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライトの評論 ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅の評論 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi