シャルロット・ゲンズブール、アーティストとして初来日公演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月1日 > シャルロット・ゲンズブール、アーティストとして初来日公演
メニュー

シャルロット・ゲンズブール、アーティストとして初来日公演

2010年9月1日 12:00

永遠のフレンチロリータ、来日公演が決定「なまいきシャルロット」

永遠のフレンチロリータ、来日公演が決定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏女優で歌手としても活動するシャルロット・ゲンズブールが、最新アルバム「IRM」(発売中)を引っ提げ初来日公演を行うことが決まった。

映画監督でミュージシャンの故セルジュ・ゲンズブールと人気女優ジェーン・バーキンの間に生まれたゲンズブールは、1984年に13歳で女優デビュー。85年の「なまいきシャルロット」は世界的な一大旋風を巻き起こした。近年も「21グラム」「恋愛睡眠のすすめ」など話題作に出演。今年の第62回カンヌ国際映画祭では、デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督作「Antichrist」で見せた体当たりの熱演で、最優秀女優賞を受賞している。

女優と並行し、13歳のときに父セルジュのアルバム「Love on the Beat」に収録の父子デュエット曲「レモン・インセスト」で歌手デビュー。86年には、セルジュが監督した映画「シャルロット・フォーエヴァー」と同タイトルのソロアルバムを発表した。91年、同アルバムに「レモン・インセスト」を追加収録して再リリース。以降、歌手活動を封印していたが、07年に約20年ぶりとなるアルバム「5:55」を発表して活動を再開した。

「IRM」は、ゲンズブールから指名を受けた米歌手のベックがプロデュース。当初はアルバムのプロデュースとミキシングのみ手がける予定だったが、2人が意気投合したことから、最終的に全楽曲の作曲を担当。作詞もゲンズブールと共同で手がけている。ベックが他のアーティストの作品にここまで深くかかわるのは、初めてとのことだ。

女優としては何度か来日経験のあるゲンズブールだが、アーティストとして来日公演を行うのは今回が初めて。公演は10月24日の東京国際フォーラム・ホールA、同26日の大阪IMPホールの2回。チケットは9月18日から発売。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi