荻上直子監督、最新作「トイレット」で芽生えた海外ロケへの果てぬ意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月27日 > 荻上直子監督、最新作「トイレット」で芽生えた海外ロケへの果てぬ意欲
メニュー

荻上直子監督、最新作「トイレット」で芽生えた海外ロケへの果てぬ意欲

2010年8月27日 14:37

今度はどこの国で撮る?「かもめ食堂」

今度はどこの国で撮る?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「かもめ食堂」「めがね」など独特のユーモアと作風で知られる荻上直子監督が、全編にわたり北米で撮影した最新作「トイレット」が8月28日に公開される。荻上監督に話を聞いた。

同作は、プラモデルオタクのレイ、引きこもりピアニストのモーリー、エアギターに没頭する女子大生リサの3兄妹が、母親の死をきっかけに家にやってきたナゾの祖母“ばーちゃん”との交流を経て、家族の絆(きずな)を取り戻していく姿を描く。

「アメリカに留学していたことがあって、いつか北米で映画を撮りたいという気持ちがずっとあった」と話す荻上監督は、ほとんどがカナダ人のキャストとスタッフという環境で撮りあげた。そして、「『めがね』で何かひと段落した感があったので、どこか新しいところに出発したいと思っていた。最大の課題は、外国で英語という新しいチャレンジのなかで、今までやってきたカラーを1本通せるだろうかということ。結果、これまでとは違うテイストの中で、ひとつ自分のカラーを通せたかな」と胸を張った。

日本の“ウォシュレット”が物語の重要なカギとなっているが、「トイレのネタは、『かもめ食堂』のフィンランド人スタッフが日本のトイレにすごく感動していて、外国人にとって日本のトイレってすごいものなんだなと、改めて感じたことが始まり」だそう。

荻上作品の常連であるもたいまさこがナゾの“ばーちゃん”に扮しているが、「自分の役が孤立していることを意識してか、あえてほかの役者と距離を置こうとしていたと思う。だから、もたいさんが現場に入るとピリピリした感じがして、若い役者たちにとってとても良い刺激になっていた。もし3兄妹だけのお話だったら、和気あいあいな家族ドラマになってしまったと思うので、もたいさんの存在は本当に大きかった」と全幅の信頼を寄せていた。

フィンランドで撮影した「かもめ食堂」に続き、カナダへと活動の場を広げてきた荻上監督は「日本がイヤというわけじゃないけど、これからもいろんな場所に行って、いろんな言語で映画を撮っていきたいと思う。才能ある新しい人たちに出会いたい」とさらなる意欲を見せた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi