宮崎あおい、麻生久美子ら“カラフル”浴衣で笑顔の初日挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月21日 > 宮崎あおい、麻生久美子ら“カラフル”浴衣で笑顔の初日挨拶
メニュー

宮崎あおい、麻生久美子ら“カラフル”浴衣で笑顔の初日挨拶

2010年8月21日 16:00

色とりどりの浴衣姿でファンもニッコリ「カラフル」

色とりどりの浴衣姿でファンもニッコリ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 森絵都の人気小説を、原恵一監督がアニメ映画化した「カラフル」が8月21日、全国104スクリーンで封切られた。声優を務めた冨澤風斗宮崎あおい南明奈、まいける、麻生久美子、原監督らは、東京・お台場シネマメディアージュで舞台挨拶を行った。

同作のメッセージ「人はみんなそれぞれの色でいい、いろんな生き方があっていい」にちなみ、この日は登壇者全員が色あざやかな浴衣姿で登場。冨澤はイエロー、宮崎はオレンジ、麻生はレッドと、“カラフル”な演出にファンは大喜びだ。

同作は、大きな過ちを犯して死んだ“ぼく”が、人生再チャレンジをガイドする天使プラプラにチャンスを与えられ、自殺したばかりの中学生・小林真の体を借りて生きていくなかで、家族や同級生との関係を通して本当に大切なものが何かに気づかされていく姿を描く。

主人公・真の声を担当した冨沢は、「僕と性格が180度違ったので、共感するのはなかなか難しかった。でも、監督のアドバイスのおかげで、いろんなことを妄想しながら収録できました」と笑顔。原作の大ファンだという宮崎は、「シンプルだけれど、大事なメッセージがこもっている。この作品を通して周りの人を、自分の人生を大事にしたいと思ってもらえたら」と訴えた。

麻生は、真の母役で声優に初挑戦した。オファーを受けた当初は不安を抱えていたそうだが、「原監督の大ファンだったし、今回を逃したらこの先もうないだろうと思ってお受けした」。一方の原監督は、「僕こそ麻生さんの大ファンだったので、念願がかなった」と“相思相愛”ぶりをアピールし、場内の笑いを誘っていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi