ジュリア・ロバーツ、夏祭り風ジャパンプレミアにご機嫌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月19日 > ジュリア・ロバーツ、夏祭り風ジャパンプレミアにご機嫌
メニュー

ジュリア・ロバーツ、夏祭り風ジャパンプレミアにご機嫌

2010年8月19日 19:44

初めての日本で夏祭り気分を満喫「食べて、祈って、恋をして」

初めての日本で夏祭り気分を満喫
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演作「食べて、祈って、恋をして」PRのため初来日を果たしたジュリア・ロバーツが8月19日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたジャパンプレミアに登場した。

この日の会場には、翌日から開催の六本木ヒルズ盆踊りのためのやぐらが組まれ、夏祭り気分を演出。招待されたファンも大半が浴衣姿で来場し、演出に一役買った。ロバーツは、太鼓集団「天邪鬼」による迫力の和太鼓が鳴り響くなか登場。会場周辺あわせて1500人のファンから大声援を浴び、サインや握手に笑顔で応じた。

ファンサービスを終えたロバーツは、プロデューサーのデデ・ガードナーとともにやぐら前のステージに登壇。「大勢集まって、しかも皆カメラをもってきてくれてありがとう」とニッコリ。ファンの盛り上がりをみて「デデも死んでもいいと言ってるわ(笑)。皆さん、映画は止めてこれからカラオケに行きませんか?」とジョークも飛び出すなどご機嫌だった。

同作は、世界40カ国以上で翻訳された女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的小説「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探求の書」の映画化。恋愛依存症のジャーナリスト、エリザベス(ロバーツ)が、「旅の間は恋をしない」というルールを自らに課し、イタリア、インド、インドネシアをめぐる自分探しの旅に出る姿を描く。人気TVシリーズ「Glee」のライアン・マーフィ監督がメガホン。オスカー俳優のハビエル・バルデムが共演する。

食べて、祈って、恋をして」は9月17日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi