パリス・ヒルトン、新作フレグランス発表パーティでマリリン・モンローに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月13日 > パリス・ヒルトン、新作フレグランス発表パーティでマリリン・モンローに
メニュー

パリス・ヒルトン、新作フレグランス発表パーティでマリリン・モンローに

2010年8月13日 11:28

胸はいつもの2倍増

胸はいつもの2倍増
Photo:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] パリス・ヒルトンの新フレグランス「ティーズ(Tease=じらす、からかうの意)」のお披露目パーティが8月10日、米ロサンゼルスのナイトクラブで開催された。パリスは憧れの女優、故マリリン・モンローを意識したファッション&メイクで登場し、カメラマンたちの前でポーズを決めた。

「ティーズ」は、パリスが手がけた10本目のフレグランスで、富士りんご、白桃、ベルガモットなどの香りが特徴。名前の由来について、パリスは米エンタテイメント・トゥナイトに「すごく楽しくて、刺激的な名前だと思ったの」と明かし、セクシーなモンローはまさにこの名前にぴったりのイメージだと語った。

ハリウッドは現在、モンローブームの真っただ中で、ナオミ・ワッツがジョイス・キャロル・オーツ著の伝記を映画化する「ブロンド」(2012年全米公開予定)でモンロー役を演じるほか、ミシェル・ウィリアムズも「マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン」(2011年全米公開予定)でモンローに扮する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi