レオ様を暴行した女性、無罪を主張 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月12日 > レオ様を暴行した女性、無罪を主張
メニュー

レオ様を暴行した女性、無罪を主張

2010年8月12日 14:38

証言台に立つ日も近い?

証言台に立つ日も近い?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2005年にレオナルド・ディカプリオの顔を割れたビール瓶で殴り、切り傷を負わせたカナダ人女性アレサ・ウィルソン容疑者が8月11日、米ロサンゼルスの法廷で無罪を主張した。

ウィルソン容疑者は、ハリウッド関係者のハウスパーティに参加していたディカプリオの顔を切りつけ、目から耳にかけて17針縫う傷を負わせたとされている。事件後、逃走していたが7月に身柄を拘束され、裁判のためにカナダからアメリカへ引き渡された。逮捕状には、ディカプリオが「多大なる肉体的損傷」を被ったと記されていた。

関係者によれば、ディカプリオは必要があれば裁判で証言台に立ち、ウィルソン容疑者と対じする準備があると、当局に語っているという。ウィルソン容疑者が有罪判決を受ければ、最大7年の実刑となる。次回の裁判は、8月23日に予定されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi