「スクール・オブ・ロック」リンクレイター監督とジャック・ブラックが再タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月9日 > 「スクール・オブ・ロック」リンクレイター監督とジャック・ブラックが再タッグ
メニュー

「スクール・オブ・ロック」リンクレイター監督とジャック・ブラックが再タッグ

2010年8月9日 11:41

名コンビ再び「スクール・オブ・ロック」

名コンビ再び
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スクール・オブ・ロック」(03)のリチャード・リンクレイター監督と主演のジャック・ブラックが再び組むことになった。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、リンクレイター監督の新作ダークコメディ「バーニー(Bernie)」に、ブラックとオスカー女優シャーリー・マクレーンが主演するという。同作は、1990年代後半に米テキサス州の田舎町カーセイジで実際に起こった奇妙な殺人事件を映画化するもの。

事件は、人望も厚く町のリーダー的存在だった39歳の葬儀屋バーニー・ティード(ブラック)が、町いちばんの金持ちの偏屈な老婦人マージョリー・ヌージェント(マクレーン)と奇妙な友情関係を築くところから始まる。ティードは97年、マージョリーを殺害して金を盗んだことを自首するが、同時に9カ月にわたって彼女の遺体を冷凍庫に隠していたことが発覚する。

リンクレイター監督は同作について、「東テキサスを舞台にした自分流『ファーゴ』」になるとコメントしている。今年10月、テキサス州でのクランクインを予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi