お台場に現れたテロリストを岡田准一&真木よう子らSPが制圧! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月9日 > お台場に現れたテロリストを岡田准一&真木よう子らSPが制圧!
メニュー

お台場に現れたテロリストを岡田准一&真木よう子らSPが制圧!

2010年8月9日 15:12

第四係の面々がふたたび巨悪に挑む!

第四係の面々がふたたび巨悪に挑む!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 深夜ドラマとして歴代1位の高視聴率を記録した人気TVシリーズの映画版第1作「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」(波多野貴文監督)の特別イベントが8月9日、お台場合衆国内の特設ステージで行われ、主演の岡田准一、共演の真木よう子松尾諭神尾佑が登場した。

本シリーズは、直木賞作家、金城一紀原作のサスペンス・アクション。「野望篇」は、与党幹事長・伊達(香川照之)の警護を任された井上薫(岡田)ら警護課第四係のSPたちが、国家的大規模テロに巻き込まれていく姿を描く。イベントでは、フジテレビの豊田皓社長の警護にあたる岡田ら第四係の前に、2人のテロリストが乱入。ステージ下で松尾&神尾が1人を捕えたものの、もう1人は鉄パイプを手に社長に接近した。しかし、岡田の華麗な格闘術でテロリストを制圧し、会場は大歓声に包まれた。

岡田は「『SP』は、今までにないエンタテインメントを作ろうと始まったシリーズ。(映画版は)変化球ではない、本気のまっすぐなボールを投げようと思って作りました」と述懐。第四係の紅一点・笹本役の真木は「女ひとりで体力的に不安もあったけど、アクション魂に火がついて、殴る蹴るのシーンは快感でした(笑)」と話すと、岡田がすかさず「今回も(真木の)たまらないシーンがたくさんありますよ」と抜群のチームプレイで笑わせた。また、TV版は係長・尾形(堤真一)と井上が対じする意味深なシーンで幕を閉じたが、岡田は「2作でナゾはすべて解決します。また、香川さんが重要人物として登場しますが、彼は敵なのか味方なのか? を考えながら見てもらえれば」と見どころを明かした。

一方、イベント冒頭のアクション披露について話が及ぶと、井上をライバル視する同僚・山本役の松尾は「演出とは言え、マジメに警護してたつもりですけど、お客さんの中に笑ってる人がいて(笑)。山本ってキャラをよく分かってくれてるなあと。でも、岡田君と僕、運動神経は同じぐらいですよ!」と役どころ同様に岡田と張り合って、会場から大ブーイングを浴びていた。

「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」は10月30日から全国で公開。「革命篇」は2011年春公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi