米ディズニー、ミラマックスを投資グループに売却 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月4日 > 米ディズニー、ミラマックスを投資グループに売却
メニュー

米ディズニー、ミラマックスを投資グループに売却

2010年8月4日 11:31

親会社ディズニーが6億6000万ドルで売却「イングリッシュ・ペイシェント」

親会社ディズニーが6億6000万ドルで売却
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーは、傘下の独立系スタジオ「ミラマックス・フィルムズ」を、投資グループのフィルムヤード・ホールディングスに売却することに同意した。これにより、一時は存亡の危機に直面していた同社は、製作・配給会社として存続することになる。

ディズニーは、フィルムヤードにミラマックスと同社の700本のライブラリー、書籍、開発中のプロジェクトなどの資産を約6億6000万ドルで売却する。ミラマックスのライブラリーには、「イングリッシュ・ペイシェント」「恋におちたシェイクスピア」「ノーカントリー」「シカゴ」「パルプ・フィクション」などがある。

複数の入札会社が権利獲得を競ったミラマックス買収劇は、2月初旬から5カ月にわたり展開。入札候補には、ミラマックスの創始者で1993年に同社をディズニーに売却したハーベイ&ボブ・ワインスタイン兄弟の姿もあり、一時は落札の最有力候補と見られていたが、契約には至らなかった。過去2カ月は、フィルムヤードが主な落札候補として交渉を続けていた。

フィルムヤードは、建設業界の大物ロナルド・トゥーター、プライべート・エクイティ会社コロニー・キャピタルのトム・バラック会長、映画投資家デビッド・バーグスタイン、米俳優ロブ・ロウらが構成する投資グループ。買収交渉時から、落札した際にはミラマックスを製作・配給会社として存続させ、年間数本の作品をリリースしていく方針を打ち出していた。

今回のミラマックス売却合意に際し、ディズニーのロバート・アイガー社長兼CEOは「私たちはミラマックスの数々の功績を誇りとしていますが、 現在のウォルト・デイズニー・スタジオの戦略は、ディズニー、ピクサー、マーベルの各ブランドのための映画企画に集中して取り組むことなのです。ミラマックスと同社の素晴らしい映画ライブラリーが新しい拠点を見つけたことを、とてもうれしく思っています」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi