木村多江、ヘビ料理にも平然 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月3日 > 木村多江、ヘビ料理にも平然
メニュー

木村多江、ヘビ料理にも平然

2010年8月3日 19:32

意外と肝の据わった木村多江「東京島」

意外と肝の据わった木村多江
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木村多江主演で桐野夏生の人気小説を映画化した「東京島」の完成披露試イベントが8月3日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われ、主演の木村ほか、共演の窪塚洋介福士誠治鶴見辰吾柄本佑木村了染谷将太篠崎誠監督ら総勢20人が登場した。

同作は、旅の途中で嵐に遭遇し、無人島に漂着した43歳の清子(木村)が、同じく島に漂着した23人の若い男たちと共同生活を送るなかで、次第にあらわになる人間の欲望や本性を描く。

木村は、沖永良部島や徳之島で行われた撮影について「毎日岩場にロープやハシゴで降りたり、すごい現場だった。毎日足をつったりしていました。だんだん孤独になって、部屋にいるヤモリや虫に話しかけていました」と述懐。窪塚は「2カ月間、島にいて、一度だけ東京に戻ったとき、またすぐに島に戻りたくなった。過酷ではあったけど、自然からパワーをもらった」と話した。


画像2

[拡大画像]

劇中、男たちが全裸で海に向かうシーンの撮影では、木村は「どこに目をやったらいいのか困りましたが、皆さんナーバスになっていたので、母親のような気持ちで大丈夫かなと見ていました」と苦笑い。窪塚は「あれはフルCGです。ポリゴンですよ」とボケてみせたが、実際のところは「前バリがはずれそうで危なかったです」と明かして笑いを誘った。

そしてこの日は、木村から男性陣へスタミナをつけるための料理が振る舞われた。食材が明かされないまま、焼き鳥風の肉料理を食べた男性陣は、口々に「ブヨブヨする」とその食感に戸惑い気味。料理の正体は、劇中でも清子が捕まえて料理したシマヘビの肉で、木村は「私も島にいったら普通にヘビをさばいているかも」とケロリしていた。

東京島」は8月28日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi