高さ100メートルの“メガ津波”が到達する「TSUNAMI」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月30日 > 高さ100メートルの“メガ津波”が到達する「TSUNAMI」予告編
メニュー

高さ100メートルの“メガ津波”が到達する「TSUNAMI」予告編

2010年7月30日 11:41

どこまで逃げれば助かるの?「TSUNAMI ツナミ」

どこまで逃げれば助かるの?
(C)2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2009年韓国で大ヒットを記録した映画「TSUNAMI ツナミ」(ユン・ジェギュン監督)の予告編が公開された。

韓国を代表するリゾート地・海雲台(ヘウンデ)を舞台に、高さ100メートル、時速800キロに及ぶ“メガ大津波”に襲われる人々の姿を描いたディザスター大作。

「警報篇」と題された予告編は、その“メガ津波”の恐怖を強調して制作された。「デイ・アフター・トゥモロー」「パーフェクト・ストーム」といったハリウッド大作に参加した経歴を持つCGプロデューサー、ハンス・ウリックを招き、CGでの表現が難しいとされる水をリアルに表現。今回の予告編では、高層ビルや橋を飲み込んでいく津波の様子が迫力満点の映像で映し出されている。その大混乱の中を逃げ惑う群衆は、3500人のエキストラを動員して撮影された。

主演は「シルミド SILMIDO」「力道山」のソル・ギョング、「デュエリスト」のハ・ジウォンら。韓国では09年7月に公開され、1150万人を動員。国民の4人に1人が見たというほどの大ヒットを記録した。

この予告編は7月31日から全国の劇場で上映。また、同作の人間ドラマの部分にフォーカスした別バージョンの予告編「約束篇」も、同日より劇場で上映される。

「TSUNAMI」は9月25日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi