「ノルウェイの森」「十三人の刺客」がベネチア映画祭のコンペ入り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月29日 > 「ノルウェイの森」「十三人の刺客」がベネチア映画祭のコンペ入り
メニュー

「ノルウェイの森」「十三人の刺客」がベネチア映画祭のコンペ入り

2010年7月29日 21:10

ベネチアで日本映画旋風なるか!?「ノルウェイの森」

ベネチアで日本映画旋風なるか!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年の第67回ベネチア国際映画祭(9月1~11日)のラインナップが7月29日に発表。日本からは、村上春樹原作の「ノルウェイの森」と三池崇史監督の「十三人の刺客」が、最高賞の金獅子賞を競うコンペティション部門入りを果たした。

ノルウェイの森」は、村上の同名小説をトラン・アン・ユン監督が松山ケンイチ菊地凛子らの主演で映画化。すでにカナダの第35回トロント国際映画祭(9月9~19日)での北米プレミア上映も決定しており、世界的ベストセラーの映画化に早くも世界から熱い視線が注がれている。

十三人の刺客」は、1963年製作の同名映画を三池監督がリメイク。暴君を討ち取るべく送り出された13人の侍たちの激闘を描く時代劇アクションで、役所広司を筆頭に、山田孝之伊勢谷友介、高岡蒼甫、松方弘樹、松本幸四郎ら若手からベテランまで豪華キャストが顔をそろえている。

近年の同映画祭では、第61回(04年)で宮崎駿監督の「ハウルの動く城」が金のオゼッラ賞、第60回(03年)で北野武監督「座頭市」が監督賞(銀獅子賞)などを受賞している。日本映画がコンペティション部門で2作品、それも同じ配給作品(東宝)が顔をそろえるのは前代未聞の快挙だ。

現地での上映には、「ノルウェイの森」からはユン監督、松山、菊地、水原希子、音楽担当のジョニー・グリーンウッド、「十三人の刺客」からは三池監督と役所が参加予定。なお、コンペティション部門の審査委員長はクエンティン・タランティーノ監督が務める。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi