音速の貴公子アイルトン・セナの初ドキュメンタリー、日本で最速公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月28日 > 音速の貴公子アイルトン・セナの初ドキュメンタリー、日本で最速公開
メニュー

音速の貴公子アイルトン・セナの初ドキュメンタリー、日本で最速公開

2010年7月28日 12:00

音速の貴公子が追い求めたものとは?「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」

音速の貴公子が追い求めたものとは?
(C)2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1994年にレース中の事故で他界したブラジルのF1ドライバー、アイルトン・セナさんの世界初となるドキュメンタリー映画「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」(アシフ・カパディア監督)が、東宝東和配給で10月8日から日本で世界最速公開されることが決まった。

日本では「音速の貴公子」の愛称で親しまれ、天性のドライビングテクニックと甘いマスク、数々の名勝負で世界を沸かせた。86年にF1デビューし、3度のワールドチャンピオンに輝くなど活躍したが、94年イタリア、イモラ・サーキットで開催されたサンマリノGPでレース中のクラッシュにより死去。早すぎる死は世界に衝撃を与えた。

セナさん生誕50年にあたる今年、その意志を受け継いだ「アイルトン・セナ財団」が製作に全面協力。ロータス、マクラーレン、ウィリアムズなど所属した名門チームでのレース映像や、貴重なプライベート映像を盛り込んだ。

また、セナさんはその華々しい経歴の陰で、いまでも語り草となっているマクラーレン時代のチームメイト、アラン・プロストとの確執、当時のFISA(国際自動車スポーツ連盟)のジャン=マリー・バレストル会長の圧力などに苦悩していた。映画は、本人のインタビュー映像や、マクラーレンの元チーム監督ロン・デニス、プロストらレース関係者、家族、恋人の証言をもとに、セナのそうした一面をも浮き彫りにしていく。

公開初日の10月8日は、今年のF1日本GP開催日と同日。世界最速の男を描く映画が、世界に先がけ日本で最速公開を迎える。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi