ティム・バートン最新作は日本の怪獣がモチーフ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月22日 > ティム・バートン最新作は日本の怪獣がモチーフ
メニュー

ティム・バートン最新作は日本の怪獣がモチーフ

2010年7月22日 11:32

今回も3D作品に「アリス」

今回も3D作品に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界興行収入10億ドルを突破する大ヒットを記録した「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が、ボードゲーム「モンスターポカリプス」の映画化作品を監督することが明らかになった。

バートン監督は、ドリームワークスが映画化権を獲得した同作のプロジェクトにかねて参加していたが、このたびメガホンをとることが決定した。

アメリカで生まれた「モンスターポカリプス」は、日本の「怪獣」をモチーフとしたミニチュアのモンスターを市街地で戦わせるゲーム。モンスターを集めるコレクターからの人気が高く、コミック化もされている。映画版は「アリス」同様、ウォルト・ディズニーの配給が決まっており、3D作品になると見られている。

またバートン監督は、ジョニー・デップがプロデュースする1960年代の超自然メロドラマ「ダーク・シャドウズ」の映画化作品を監督することも決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi